腹筋の脂肪

誰でも一度は、シックスパックと呼ばれる6つに綺麗に分かれている腹筋が欲しいと思った事はあると思います。
しかし、お腹の脂肪が中々落ちなかったり、腹筋を上手く鍛える事が出来なかったりする事で、実現出来る人はほとんどいないと言われています。

今回の記事は、その邪魔となっている脂肪を落として、魅力的な腹筋を手に入れるための理論を紹介します。
また、その理論を実際にどのように行動に移していけば良いのかという具体的な方法論を合わせて解説しますので、参考にしてください。

落ちない脂肪を減らしてバキバキの腹筋になるためには?

お腹周りの脂肪を効率的に減らして、周りの人から注目されるような割れた腹筋を作り上げるための方法があります。
割れている腹筋というものは、腹筋運動を頑張って毎日コツコツと行えば作る事が出来ると考えている人が多いと言えます。

しかし、それで割れる腹筋を作る事が出来る人は少ないのです。
何故かと言うと、腹筋を割るために必要な要素は、腹筋運動だけではないからです。

では、一体どのような要素が腹筋を割るために必要なのか、これから詳しく解説をしていきたいと思います。

脂肪を落として腹筋を割るために必要な2つのこと

脂肪を落として腹筋を割るために必要な2つのこと

お腹周りの脂肪を落とし、腹筋を割るために必要な要素は大きく分けて2つあります。

1つ目の要素は、腹筋や脇腹などの部位に付いている脂肪を可能な限り落とすというものです。
そして、2つ目の要素は、腹筋の筋肉そのものトレーニングでしっかりと鍛えて、筋肉を大きくするというものになります。

この2つの要素を両方ともこなす事で、効率よく腹筋を綺麗に割る事が出来るようになります。
しかし、反対に言えば、どちらか一方の要素が欠けてしまうと、素質などがない場合腹筋を割る事が難しくなります。

そのため、通常は両方の要素をこなす必要があるのです。
では、なぜ腹筋を割るために、この2つの要素が必要となるのか、その理由について解説していきます。

腹筋や脇腹の脂肪をなるべく減らす

脂肪を落とさなければいけない理由について解説をします。
しかし、これは力士の方をイメージして頂ければ、その必要性が理解しやすいと言えます。

力士の方は、どの方も強度の高い稽古やトレーニングで体を鍛えています。
そのため、ボディビルの選手と負けないほどの大量の筋肉が全身に付いている方が多いのです。

そして当然、腹筋も相当の筋肉の量になっています。
しかし、力士の方は相撲という体をぶつけ合う競技で勝つために脂肪を付けて体重を増やしています。

そのため、その大きな腹筋が脂肪に隠れてしまっていて、外側から見ると割れているように見えなくなります。

このように、脂肪が分厚いと、いくら腹筋を鍛えていても外から割れているように見えなくなります。
割れた腹筋が欲しい場合には、脂肪を落とす必要があるという事なのです。

脂肪の中に隠れている腹筋を鍛える

脂肪の中に隠れている腹筋を鍛えなければならない理由は、腹筋の筋肉のサイズが小さいと腹筋の溝も比例して小さくなり、外から見て割れているように見え辛くなってしまうからです。

もちろん、腹筋の上の邪魔な脂肪だけを落とすだけでも、ある程度は腹筋は見えてきます。
しかし、腹筋の筋肉が小さいと脂肪を大量に落としたとしても、薄っすらとしか割れている箇所が見えません。

また、見えたとしても貧相に見えてしまいます。
そのため、男らしさのあるバキバキの腹筋が欲しいと考えている方は、脂肪を落とすのと同時に、腹筋そのものを筋トレなどを通して十分に鍛える必要があるわけなのです。

腹筋の表面にある脂肪を落とすための考え方と方法

腹筋の表面にある脂肪を落とすための考え方と方法

では、次に1つ目の要素でもある腹筋の表面に付いている分、厚い脂肪を落とすための基本的な考え方と具体的な方法について解説をしていきます。
単純に脂肪を落とすだけですので、一見簡単そうに思えます。

しかし、勘違いをして間違った方法で、腹筋周りに付いてる脂肪を落とそうとしている方も少なくないのです。
間違った方法では、成果を得るまでに時間が掛かってしまいます。

そのため、脂肪を落とす必要のある方は遠回りをしないためにも、基本的な考え方と方法論を学んでもらいたいと思います。

腹筋を隠しているお腹周りの脂肪を減らすには?

それでは、まずは腹筋周りに付いている脂肪を減らす時の基本的な考え方について解説します。
腹筋を割るという事を目的として、お腹周りの脂肪を部分的に落とそうと考える人は多いのですが、その考え方は実は間違いと言えます。

なぜかと言うと、人間の体は部分的に痩せる事が、ほぼ不可能となっているからです。
人によっては特定の部分の脂肪が落ちやすく、一見部分やせしていくように見えたりします。

しかし、基本的には、人間は全体の部位の脂肪がバランス良く落ちていきます。
腹筋を割るためにお腹周りの脂肪を落とそうとした時にも、部分やせはしようとはせずに、バランスよく体全体の脂肪を落とす必要があるという考えを持たなければなりません。

腹筋周りの脂肪を落とすダイエットには食事制限や運動を

では、具体的にどのようにして、腹筋を割るために体全体に付いている脂肪を落とせば良いのでしょうか。
最も効率的なのは、やはり王道とも言える食事制限や運動を組み合わせたダイエット方法です。

食事制限に関しては、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている事が最も大事と言えます。
そして、それさえ守っていれば、ここ数年で爆発的に人気が高まっている糖質制限ダイエットでも構いません。

また、ボディビルダーの間で根強い人気のある脂質を制限するダイエットでも大丈夫です。
運動に関しては、脂肪を燃やすのに効率的な有酸素運動はもちろんの事、脂肪を落としやすい体にするための高強度の筋力トレーニングなどのもオススメです。

効率を求めるのであれば、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせが良いと言えます。
しかし、人によっては、時間がなくて実行出来ない事もあると思います。

ですので、無理はせずに自分のライフスタイルに合った方法を探してみると良いでしょう。

腹筋周りの脂肪はマッサージで落ちやすくなる可能性がある

ダイエットにランニングやウォーキングなどの有酸素運動に取り組む人が多いと言えます。
そんな方には、同時に脂肪のマッサージもオススメしています。

何故かと言うと、脂肪というのは血行が悪いとエネルギーとして使われ辛くなるのですが、マッサージを行う事でその脂肪への血行が良くなり、脂肪が落ちやすくなると言われているからです。

もちろん、マッサージだけでは血行が良くなるだけで脂肪は全く落ちません。
そのため、やるのであれば、必ず有酸素運動などと組み合わせて行うようにしてください。

脂肪はランニングよりも腹筋の方が落ちやすいのは間違い!

腹筋や脇腹の脂肪を落とすために運動をしている人の中には、頑張って毎日腹筋運動を行っている人がいます。
しかし、それは間違いなので勘違いしないようにしてください。

なぜ腹筋運動が間違いなのかと言うと、腹筋運動そのものはカロリーの消費量がそこまで大きくなく、消費カロリーを増やさなければならないダイエットには全くと言っても良いほど向いていないからです。

腹筋運動を毎日頑張ってやるよりは、1日おきにランニングやウォーキングを30分した方が、遥かにダイエット効果が望めます。
是非この事は忘れずにダイエットに取り組んでください。

脂肪を落とすの同時に必要な腹筋の鍛え方

脂肪を落とすの同時に必要な腹筋の鍛え方

それでは、次に腹筋を割るために必要なもう1つの要素でもある腹筋の鍛え方について、具体的にどのように鍛えていけばいいのかを解説していきます。
腹筋を割るための鍛え方として、体育の授業やスポーツ系の部活動などで行う上体起こしを採用している人がいます。

しかし、実はそれよりも遥かに効果的な鍛え方があるのです。
その鍛え方と合わせて、鍛えた効果を最大限に引き出すための適切な頻度もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

脂肪の下から腹筋を見せるためには腹筋ローラーがオススメ?

溝がクッキリとした腹筋を鍛え上げるためには、通常の上体起こしよりも腹筋ローラーがオススメです。

上体起こしと呼ばれる種類の腹筋運動では、腹筋以外にも腸腰筋や大腰筋などの他の筋肉が連動しやすく、腹筋をダイレクトに鍛えるにはあまり向いていません。
しかし、腹筋ローラーを正しいフォームで行えば、上体起こしよりもはるかに高い刺激を腹筋に与える事が出来るため鍛えるためにはうってつけの種目なのです。

腹筋ローラーをやった事がない人は、ぜひ一度取り組んでみると良いでしょう。
鍛える頻度は毎日よりも1日おき、もしくは2日おきがベストだと考えられています。

そのため、トレーニングをする際には、この頻度でしっかりと鍛えるようにしてください。

腹筋を鍛えれば多少皮下脂肪があっても腹筋が割れる事も

腹筋を割るためには脂肪の落とす事と、腹筋を鍛えるという2つの要素が必要であります。
しかし、中には腹筋を鍛える事を重視しない人もいます。

効率的に腹筋を割りたいのであれば、腹筋を鍛えるという要素にも、しっかりと重視するべきなのです。
腹筋をちゃんと鍛えて筋肉を大きくする事が出来れば、多少皮下脂肪が残っていたとしても、外から割れて見えるようになります。

そのため、こちらの要素にもダイエットと同じくらいのエネルギーを注ぎ込むようにしてください。

腹筋の脂肪のまとめ

腹筋の脂肪のまとめ

今回の記事ではここまでお腹周りの脂肪を落とし、腹筋を割るための考え方と方法論についてご紹介してきました。
最後にまとめとなりますが、6つに割れた腹筋を手にするには、下記の2つの要素が必要となります。

  • 腹筋を隠している皮下脂肪を運動と食事制限の組み合わせで落とす
  • 腹筋をクッキリと割るために、腹筋の筋肉のサイズをトレーニングで大きくする

ぜひこの情報を参考にあなたの望む脂肪の無い、割れた腹筋を手に入れるようにしましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。