ロイシン

筋トレを日常的に行っている人であれば、誰もが重要だと認識しているのが、この「ロイシン」というアミノ酸です。
ロイシンは、BCAAやEAAといった定番のアミノ酸サプリの中でも最も多く配合されています。

どれだけ筋トレを一生懸命頑張っても、ロイシンの摂取量が少なければ、筋トレ効果をきちんと筋肉へと反映させる事が出来ません。
筋肉成分として、テレビの情報番組でも取り上げられる事の多いロイシン。

その重要性や飲み方について、改めて詳細に解説していきます。

ロイシンの持つ筋トレ効果が凄い!最優先で摂取すべきその理由とは

9種類存在する必須アミノ酸の中でも、筋肉の材料として利用される割合が一番高いのがこのロイシンです。
つまり、ロイシンは筋力増強や品肥大のためには、最優先で飲まなければならないアミノ酸サプリだと言えるのです。

ロイシンが、具体的に筋肉にどのような影響を及ぼすのか、そして、その能力を最大限引き出すにはどうすればいいのか。
しっかり学んで、日々の筋トレに活かして頂ければと思います。

ロイシンの効果や飲み方!副作用や注意点は?

ロイシンの効果や飲み方、副作用や注意点

筋肉にダイレクトに届くロイシンは、可能な限り無駄にする事なく有効に摂取したいサプリメントです。
ロイシンはいつ、どんなタイミングで飲んでも、筋肉にプラスの効果を与える事は間違いありません。

しかし、それでもやはり、セオリーやコツというものが存在します。
ロイシンを摂取しておきたいタイミングや副作用、注意点について細かく解説していきましょう。

筋肉に絶対必要!ロイシンの持つ効果をご紹介

ロイシンは必須アミノ酸の一種であり、バリンやロイシンと共にBCAAの構成アミノ酸でもあります。
ロイシンは筋肉にとって非常に重要で、インスリンに頼らずとも筋肉の中に栄養を送り届けることが出来るという特殊な能力を持っています。

数あるアミノ酸、そして必須アミノ酸の中でも、筋肉にとって最も量が必要とされるのがロイシンです。
ロイシンをいかに毎日、多く摂るかは筋トレによって筋力増強や筋肥大、バルクアップを目指す人にとって最大の関心事と言っても良いでしょう。

ロイシンが多く含まれる食材は?選び方について

ロイシンはアミノ酸ですから、タンパク質を多く含む食品の中にたくさん存在しています。
特に肉類には多く、赤身の牛肉にはロイシンがたくさん含まれています。

もちろん、植物性のタンパク質内にもロイシンは含まれいますから、大豆等の豆類を多く食べる事で、ロイシンを補給することは可能です。
食品からロイシンを摂取しようとする際の注意点は脂質や糖質といった、あまり多くは摂らない方が良い物の量を可能な限り抑えるという点です。

ロイシンを多く摂ろうとするあまり、逆に健康を害してしまったのでは筋肉の発達も見込めませんからね。

筋トレに効くロイシンはサプリメントで摂るのが合理的

実際問題、ロイシンを食べ物だけで摂ろうとすると、脂質や塩分を過剰に摂取してしまう可能性が相当に高くなります。
ロイシンが多く含まれている動物性タンパク質には、どうしても脂質が多いですし、調理の過程で塩分が使われがちです。

そこで活用したいのが、ロイシン配合のサプリメント類です。
筋トレ用サプリとして、ロイシンはとてもメジャーかつ重要成分ですから、沢山の種類が発売されています。
ロイシンサプリの買い方についても、後程解説させて頂きます。

筋トレ用ロイシンの飲み方は?一日の摂取量や回数・頻度

ロイシンの筋トレに効く飲み方としては、まず起床直後に他のアミノ酸と混合し。
更に筋トレを実施する前に、血中のアミノ酸濃度をガツンと上げるために飲むというのも効果的です。

一回の量は5g~10gも飲めば十分です。
可能であれば他のアミノ酸類と混ぜた方が効果的ですね。

ロイシンは毎日飲むのが原則です。
頻度や回数はなるべく多めにして一日トータルでは30gを目指して頂きたいところです。

ロイシンは、単独でも筋肉に肥大や増強のための刺激を送ってくれます。
しかし、筋肉の材料としては、必ずしも十分ではありません。

ロイシンに副作用や、飲み方の注意点はあるの?

ロイシンも他の多くのアミノ酸同様、副作用はありません。
基本的に好きなタイミングで、どんどん飲んで頂いて結構です。

ただ、やはり注意点も他のアミノ酸サプリと共通しています。
ただ、必ずしも値段の安い成分ではありませんから、意味のあまりない時に飲んでしまうと、コスパの面で悪化してしまうという懸念はあります。

効果的な摂取タイミングについても、当記事内で解説していますので是非参考にしてください。

ロイシンは筋肉サプリとして高齢者にも人気

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ最近テレビなどで高齢者向けの筋肉成分としてロイシンを特集する動きが広がっています。
いかにロイシンを効率的に摂取するかを色々と解説しているのですが、ハッキリ言って「サプリで摂ればいいのに」と思わざるを得ませんね。

いずれにせよ、ロイシンが筋肉を発達させる効果を持っている事は、多方面から実証されているというわけです。
本来、筋肉を合成する力の少ない高齢者においても効果があるわけですから、若く、筋トレをガンガン行っている人が飲めば、その成果は推して知るべしですよね。

筋トレ用ロイシンサプリには様々な種類がある

筋トレ用ロイシンサプリには様々な種類がある

ロイシンと一言で言っても、実はその種類は様々です。
ロイシンの代謝物としてのサプリメントや、吸収力や利用率を高める加工が施されたロイシンも市販されています。

ロイシンサプリは、全て同じではありません。
ロイシンサプリの種類を知る事で、本当に自分に必要な筋トレに役立つロイシンサプリを手に入れる事が出来るのです。

今話題の筋トレサプリ「HMB」もロイシンから作られた成分

ネット上でも、最近よく話題となっているのが「HMB」という成分です。
このHMBはもともと医療現場において、高齢者や重病者の筋力低下を防ぐために処方され始めたのをきっかけに、その後筋トレ系サプリとしても人気となりました。

医療の世界から広まったという事で、信頼性や安全性は抜群です。
また、実際に減量時の筋肉量低下や増量時の筋肥大に、とても高い効果を示しています。
実はこのHMBは、ロイシンの代謝物なのです。

ロイシン20gに対して1gのHMBしか生成されないという意味で、とても貴重な成分です。
ただし、逆に言えばロイシンをしっかり摂取する事で、HMBの効果も同時に手に入る事になります。

HMBはとても効果なサプリメントですし、ロイシンにはHMBの持つ効果以外の働きもあります。
そのため、優先順位としてはHMBもよりも、まずはしっかりとロイシンを摂取することに力を入れるべきでしょう。

発酵ロイシンは筋肉への吸収スピードが速い!

ただでさえ吸収の速いアミノ酸のロイシンですが、そのロイシンに発酵処理を加える事で、さらに腸壁からの吸収速度を高めたのが「発酵ロイシン」です。
発酵ロイシンは独特の苦味と風味が苦手という人も多いのですが、その効果は折り紙付きです。

まだ発売しているメーカーは少ないのですが、普通のロイシンだけじゃ満足出来ないというコアな筋トレユーザーは試してみてはいかがでしょうか。

筋トレ効果バツグンのペプチド化ロイシンも人気

発酵ロイシン同様人気なのが、ペプチド化されたロイシンです。
ペプチドとは単体のアミノ酸がいくつか結合された物の事。

最新の研究では、実は単体アミノ酸よりもペプチド化されている状態の方が、アミノ酸は吸収率が良いことが明らかになっているのです。
このペプチド化ロイシンも、まだまだ一般的な商品とは言えません。

もし見つけた時には、積極的に使ってみることをオススメします。

筋トレ用ロイシンサプリの正しい選び方と買い方

筋トレ用ロイシンサプリの正しい選び方と買い方

他のアミノ酸同様、ロイシンサプリを狙い撃ちで購入する場合も、海外製品と国内製品で分けて考える必要があります。
ここでもやはりオススメしたいのは、どちらかと言えば海外製品です。

それは何と言ってもコスパに優れており、大量摂取に適しているからです。
ですが、もちろん国内製品にも長所やメリットがありますから、それぞれをもう少し詳しく解説しておきましょう。

海外製ロイシンは種類も味も値段も豊富

海外製ロイシンは大量生産体制が整っている事もあり、とにかく値段が安いことが大きな長所です。
最近では、マイプロテインというイギリス発のサプリメントメーカーもシェアを拡大しておきており、米国一強だったサプリメント業界の勢力図にも変化が起こり始めています。

ただ、海外製プロテインの多くは味付けが日本人向けではない物も多く、実際に買って飲んでみるまで、自分に合うかどうかを判断するのは難しいと言えます。
海外製アミノ酸サプリは、余程信頼しているメーカーやブランドではない限り、ノンフレーバーの商品を購入し、自分でジュースや別のサプリメントと混ぜて飲んだ方が良いでしょう。

国内製ロイシンは他の成分との混合商品が魅力的

国内製ロイシンサプリは総合的に筋肉や筋トレに効くよう、他の成分とスタックされている場合がほとんどです。

自分でオリジナルのアミノ酸サプリを作る事のは難しいと言えます。
しかし、特に知識の無い初心者でも、まず間違いのないサプリメンテーションが行えるので安心感は高いと言えます。

ロイシン単体にしろ、BCAAにしろ、EAAにしろ、国内製アミノ酸サプリであれば、若干割高ではあるものの品質においては「確実に優れている」と言えますね。

筋トレ効果を向上させるロイシンのまとめ

筋トレ効果を向上させるロイシンのまとめ

ロイシンの筋トレにおける必要性と重要性について記載しました。
ロイシンは、タンパク質を摂れば自然と摂取する事が出来ます。
しかし、本気で筋肉を育てないのなら、サプリメントとして追加補給する方がベストです。

ロイシンサプリを買う場合は、派手な宣伝・広告に惑わされず、自分の目で色々な商品を比較してから買うようにしましょう。
また、コスパなら海外製、ドーピング対策など品質の安全性と安定性では、国内製品が優れているという点も覚えておいてください。

当サイトは、管理人も実際に利用している筋肉サプリも紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。