筋トレサプリメントの口コミは嘘?本当?効果が知りたい

筋トレサプリメントの口コミ

筋肉トレーニングだけで理想の筋肉を手に入れるのは、なかなか大変な事です。
筋トレサプリメントは理想の筋肉を手に入れるための補助をしてくれるすばらしいものですが、実際に使ってみた人は、一体どのように感じているのでしょうか?

当カテゴリーでは、筋トレサプリメントについての口コミや効果、実際のレビューなども掲載していきますので、参考にしてください。

筋トレサプリメントの口コミにはどんなものがある?

筋トレサプリメントの口コミには、『非常に効果的』というものもあれば『まったく効果がない!』と嘆いているものもあります。
なぜこんなにも評価が分かれているのでしょうか。
様々な口コミをよく見てみると、原因は『サプリメントについての考え方の違い』にありました。

筋トレサプリメントの口コミには嘘がある?

筋トレサプリメントの口コミの嘘

先程、評価が分かれている原因は、『サプリメントについての考え方の違い』にあると述べました。

まず効果的であると口コミを投稿している人については、サプリメントの意味を理解し、正しく、そしてより効果的な服用方法を取って、普段の筋肉トレーニングに取り入れていました。
しかし、効果がないとしている人については、『飲むだけで筋肉がつく』と考え、サプリメントの意味を理解していない人が多いように思います。

サプリメントはあくまでも『補助食品』なのであって、万能薬ではないのです。
ですので、『筋トレサプリメントは効果がない』としている口コミは嘘、というより勘違いしているものと言えます。
しかし、サプリメントによっては、本当に補助的な作用がないものもあるかもしれません。

口コミを見分けるポイントは『(筋トレはせず)長期間服用したけどなんの効果もなかった』と言うようなものです。
トレーニングを行った記載がないものは正しい使用方法とは言えませんので、参考にしない方が良いでしょう。

筋トレサプリメントの本当の効果は?

筋トレサプリメントは、服用しただけでは意味がありません。
あくまでも補助食品であり、筋肉トレーニングによる筋肉の働きをサポートするものです。

筋トレサプリメントの効果をトレーニングによりよく取り入れるためには、サプリメントの成分を理解することが必要です。
「どのように筋肉を補助してくれるのか」「いつ服用するのが最も効果的なのか」などのサプリメントに含まれる成分の特性を理解した上で服用し、トレーニングに励むことによって筋肉トレーニングにすばらしい効果をもたらしてくれます。

筋トレサプリメントの副作用・デメリット

筋トレサプリメントの副作用・デメリット

筋肉トレーニングをより良いものにするためのサプリメントにも、副作用やデメリットがあります。
全てのサプリメントに同じ副作用があるわけではありませんが、まとめて副作用を紹介すると下記の通りになります。

  • 頻尿
  • 抜け毛
  • 睾丸の縮小
  • 全身にニキビができる
  • 血管の異常発達
  • 筋肉の異常発達

正しく服用していれば、副作用が現れることは稀なことです。
しかし、早く効果を得たいなどの理由から過度な摂取を長期間行うと、これらの副作用が現れる可能性が高くなります。

デメリットとしては、肝臓・腎臓に負荷が掛かってしまうことが挙げられます。
過度な摂取はもちろんNG。
そして、運動をせずただただサプリメントを摂取することも、肝臓や腎臓に負荷を掛ける場合があります。

摂取した成分は運動することによって筋肉に蓄えられますが、運動をしないとそのまま肝臓で代謝され、腎臓から排出されていきます。
よって、肝臓や腎臓に負荷を掛けてしまうのです。

筋トレサプリメントを効果的に使用するには?

筋トレサプリメントの主な成分はアミノ酸です。
サプリメントの種類によって、アミノ酸の種類や使用の目的も異なります。

一例としてゆっくり吸収されるものは食事と食事の間や運動の1〜2時間前に摂取し、すぐに吸収されるものは運動の直前、最中、直後に摂取するという方法があります。
サプリメントの取扱説明書には、1日に摂取できる量や1回に摂取する量、注意書きが書かれてあります。
上記にある副作用やデメリットを防ぐためにも、説明書にはきっちり目を通した方が良いでしょう。

筋トレサプリメントの口コミについてのまとめ

筋トレサプリメントの口コミについてのまとめ

サプリメントは魔法の薬ではありません。
「服用しただけで筋肉が付く」というわけではなく、継続的に服用し筋肉トレーニングと併用していく事で高い効果を得る事ができます。

一部のサプリメントには28日間服用の後効果が発揮される、というものもあります(※サプリなので効果があるかは個人差があります)。
これは成分を体に馴染ませる(慣らす)必要があるためです。

副作用は恐ろしいものですが、正しい服用方法・量を守ればリスクは軽減されます。
少しでもおかしいな?と思ったら服用を止め医師に相談するようにしましょう。

ページの先頭へ