協和食研 HMBタブレットの評判・口コミ

「国産の原料や国内で製造された筋肉サプリが良い」と考えている方には、協和食研 HMBタブレットがおすすめです。
海外で作られたHMBサプリが多い中、協和食研 HMBタブレットは高純度の国産HMBカルシウムを使っていますよ。

日々の運動やトレーニングだけで理想のボディを目指すには限界があります。
そのため、サポートとして筋肉サプリを飲む男性や女性は増えました。

以下では、協和食研 HMBタブレットの効果や特徴をまとめています。
どんな製品なのかチェックしておきましょう。



協和食研 HMBタブレットの評判や口コミ!

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー

・1日に飲むカプセルの量を臨機応変に変えて、HMBの摂取量を調節できるのが良いと思いました
・粉末のHMBやBCAAは苦くて苦手なので、水やぬるま湯でサっと飲める協和食研 HMBタブレットが気に入っています
・甘味料など余計な人工添加物を含まずに仕上げているのが魅力的です
・大容量でリーズナブルなサプリメントなので、お財布にも優しくて助かっています
・筋肉の張りが強くなる副作用が出てきたので、あまり良い感じとは言えません
・筋肉痛の症状が和らいだり運動後の疲労が軽減したりといった効果は今のところ出ていないですね
・トレーニング前に協和食研 HMBタブレットとクレアルカリンを飲むと、ハードなトレーニングに耐えられます
・1週間くらいで吹き出物が出始めたので、協和食研 HMBタブレットの成分が身体に合っていなかったのかもしれません
・1日に1,500mgのHMBを摂取していれば2ヵ月間は持ちますよ
・はっきりと効いているのか分からないものの、2ヵ月間で4.7kgの減量に成功しました

⇒筋トレ効率をアップさせる加圧シャツを見てみる。

協和食研 HMBタブレットの効果や特徴は?

協和食研 HMBタブレットの効果や特徴

協和食研 HMBタブレットの効果や特徴について記載していきます。

1日に1,500mg~3,000mgのHMBを摂取できる

協和食研 HMBタブレットは、1日で1,500mg~3,000mgのHMBを摂取できます。
HMBとは必須アミノ酸のロイシンの代謝物を指し、身体への効果や効能を簡単にまとめてみました。

  • 筋肥大効果を促して筋肉量をアップする
  • 筋肉が分解されるのを抑制する
  • トレーニング後の疲労を軽減する

筋肉の成長に欠かせない存在ですので、一般のトレーニーが積極的に飲んでいる理由はお分かり頂けると思います。
ムキムキの肉体を目指す男性だけではなく、ダイエットを考えている女性にもHMBは効果的と言えます。

基礎代謝を高めて消費カロリーを増やせるのが理由です。

有酸素運動で脂肪を燃焼するダイエットで失敗した経験をお持ちの方は、協和食研 HMBタブレットで基礎代謝を高めて、痩せやすく太りにくい体質を目指してみてください。

安全性や飲みやすさを考慮している

協和食研 HMBタブレットは日本人に向けて作られたサプリメントです。
そのため、次のように安全性や飲みやすさを考慮しています。

  • 高純度の国産のHMBカルシウムが入っている
  • HMB以外の原料も全て国産となっている
  • 余計な不純物を排除している
  • 小さいカプセルやタブレットを採用している

国産で安全性が高いのにも関わらずお手頃な料金で購入できます。
そのため、「協和食研 HMBタブレットはコスパが良い」と評判です。

もちろん、海外製のHMBサプリの安全性が低いと一概に言い切る事は出来ません。
しかし、国産の原料を使って作られた筋肉サプリを運動やトレーニングのお供として飲み続けたいのであれば、協和食研 HMBタブレットがオススメです。

協和食研 HMBタブレットの価格は?

協和食研 HMBタブレットの価格

国産原料を使った協和食研 HMBタブレットは、残念ながら楽天市場では取り扱っていません。
実店舗でも見つけるのが難しい筋肉サプリですので、大手の通販サイトのAmazonで購入しましょう。

Amazonでは360粒の協和食研 HMBタブレットが、3,550円とお求めやすい価格で販売されていました。

・1日に4粒の摂取で約3ヵ月
・1日に6粒の摂取で約2ヵ月
・1日に12粒の摂取で約1ヵ月

上記のように1袋の使い方は全て個人の自由で、臨機応変に変えるのがポイントです。

協和食研 HMBタブレットの正しい飲み方は?

協和食研 HMBタブレットの正しい飲み方

以下では協和食研 HMBタブレットの正しい飲み方で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

・1日の目安量は6粒〜12粒で、水やぬるま湯と一緒に摂取する
・吸収率を高めるために食後やトレーニングの前後に飲む
・妊娠中や授乳中の女性は飲む前に医師へと相談する

1日に6粒~12粒というのはあくまでも目安です。
そのため、4粒を飲み続けて身体に合うのか確かめるのは全く問題ありません。

しかし、協和食研 HMBタブレットに限らず他の筋肉サプリにも該当します。
飲む量に比例した効果を得られるわけではないので注意してください。

協和食研 HMBタブレットに副作用のリスクはある?

協和食研 HMBタブレットには副作用のリスクがなく、「医薬品ではなくサプリメント」「国産の原料を使っている」というのが大きな理由です。
1日の目安摂取量さえ守って続けていれば、身体へと大きな負担が加わることはありません。

HMBはプロテインよりも効率的に筋肉を作る力を高める栄養素です。
そのため、トレーニングの効果を高めたい人は、協和食研 HMBタブレットを飲んでみましょう。

⇒筋トレ効率をアップさせる加圧シャツを見てみる。

協和食研 HMBタブレットの販売会社概要

会社名:協和食研株式会社
本社所在地:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目9-17 福岡天神フコク生命ビル15階
代表者:本山恭介
ホームページ:協和食研 HMBタブレットの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている加圧シャツ
金剛筋シャツ

おすすめ記事&スポンサードリンク