脛の筋トレ

普段あまり意識しない膝の筋肉が持つ重要な役割や、負荷別の筋トレメニューとその効果などについてお伝えしていきます。

脛の筋肉とは?

筋トレと言うと大胸筋や背筋、大腿四頭筋といった大きな部位に目がいきがちです。
しかし、膝の筋肉も人体において重要な役割を果たします。

膝の筋肉は前脛骨筋という名称で、脛の外側の部分に位置しています。
その役割と器具を使った筋トレ法から器具を使わずに、お手軽に出来るメニューを紹介していくので、ぜひ参考になさってみてください!

⇒GACTも愛用している筋肉サプリを見てみる。メタルマッスルHMB
※管理人も利用しました。

前脛骨筋(脛の筋肉)の役割

前脛骨筋(脛の筋肉)の役割

普段、中々意識すること無い脛の筋肉である前脛骨筋は、弁慶の泣き所とも言われる部位の筋肉で、細長い形状をしており、つま先反らせたりする場面などで使用される筋肉です。
また、日常生活における座ったり立ったり出来るのは、この前脛骨筋があるおかげです。

前脛骨筋(脛の筋肉)が衰えるとどうなる?

脛の筋肉は前述したように、つま先の動作へ関与しています。
そのため、前脛骨筋が衰えてしまうと、階段などの段差だけでなく、平坦な道のりでも急につまづいてしまう可能性があります。

特に日頃、立ちっぱなしの仕事をしている方であれば、膝の筋肉が硬くなってしまったりします。
また、ずっと椅子に座っている方であれば衰えているので、筋トレ・メンテナンスが必要です。

前脛骨筋(脛の筋肉)を鍛える筋トレの方法は?

前脛骨筋(脛の筋肉)を鍛える筋トレの方法

脛の筋肉を鍛える方法は、器具を使う比較的負荷の高い筋トレと、器具を使わない負荷の軽い筋トレがあります。
まずは、比較的負荷が軽く取り組みやすい、器具を使わないシーテッドトウレイズがオススメです。

その後は、ゴムチューブからダンベルへと、徐々に負荷の高いものへ上げていくと無理なく筋トレを継続でき、前脛骨筋を鍛える事が出来ます。

器具を使う脛の筋トレ方法

器具を使う脛の筋トレ方法については下記の通りです。

トゥレイズ(ゴムチューブ)

ゴムチューブを使って行うトゥレイズは、まず準備として柱や冷蔵庫、ソファなどの引っ張っても簡単に動かないものにチューブをくくりつけます。
床に仰向けの状態になり、足を紐を結んだ方向にむけたらつま先を引き寄せ、ゆっくりを元に戻す動作を30回前後繰り返します。

アンクルフレクション(ゴムチューブ)

ゴムチューブを柱や重さのあるものに固定したら、つま先に引っ掛けます。
その状態で、つま先を動かしてチューブを持ち上げる動作を30~40回前後行いましょう。
つま先をチューブを使って上げる事で、背屈(反り)による負荷をより有効なものにします。

ダンベルカーフレイズ

自重+ダンベルの重さでより負荷を掛ける事の出来るカーフレイズで、台を使う事でより可動域を確保する事が出来ます。
まずは片手にダンベルを持った状態で、かかとがしっかりと浮く高さの台の上にのり、出来るだけ下ろした後にゆっくりと上げていきます。
回数は15~20回x3セットを目安に行いましょう。

器具を使わない脛の筋トレ方法

器具を使わない脛の筋トレ方法については下記の通りです。

カーフレイズ

カーフレイズは、前脛骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋といった前脚の筋肉を、まとめてバランス良く鍛える事が出来る筋トレメニューです。
さらに負荷を上げる場合は、片足で行うと両足に分散されていた体重が片方に集中するので、より効果的な筋トレが可能です。

シーテッドトゥレイズ

椅子やベンチなどに腰掛けた状態で、背筋をまっすぐにして座り、片足を前に伸ばします。
その足のつま先をゆっくりと徐々に反らせて行く動作を、30~40回を目安に行います。

負荷も軽く、腰掛ける場所があればどこでも出来るので、ちょっとしたスキマ時間などにオススメです。
慣れてきたらベルト式の重りを足の甲に巻いて、負荷を高めたトレーニングをしてみると良いでしょう。

前脛骨筋(脛の筋肉)を鍛える筋トレの効果は?

前脛骨筋(脛の筋肉)を鍛える筋トレの効果

脛の筋トレは他の部位とは異なり負荷を掛けにくく、鍛える筋トレメニューも少ないと言えます。
しかし、鍛えればその分運動による疲れを軽減する事が出来ます。

特に走る事が多いサッカーといった種目やランニングなどで、その効果を実感する事が出来ます。
走行中のつまづきの防止にも効果的です。
また、つまづき防止以外にも継続する事で、足のむくみの改善と予防に繋がります。

前脛骨筋(脛の筋肉)を鍛える筋トレの注意点はある?

脛の筋肉を鍛える上で、注意して頂きたい点をについてお伝えしていきます。
まだ前脛骨筋の筋力が十分でない方は、カーフレイズといった台を使ったトレーニングの場合、体勢を崩して転倒しないように気を付けましょう。

また、いずれのトレーニングも動作を早くして回数だけこなしていると、充分に負荷を掛ける事が出来ません。
そのため、ゆっくりと筋肉を動かしながら筋トレを行うようにしましょう。

⇒GACTも愛用している筋肉サプリを見てみる。メタルマッスルHMB
※管理人も利用しました。

脛の筋トレについてのまとめ

脛の筋トレについてのまとめ

筋トレをしようと思った時に、なかなか脛の筋肉を鍛えよう!とはなりません。
しかし、トレーニングをする事で、様々な効果があることをお分かり頂けたかと思います。

脛の筋肉の衰えは怪我の元です。
そのため、普段筋トレをしない人は積極的に階段を登ったり、隙間時間を使って、足首をらせて前脛骨筋を鍛える事をオススメします。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。