筋トレとステーキ

今回は、筋トレの効果を引き出すために必要なステーキに関する情報を解説していきます。
例えば、目的別に最適だと考えられるステーキの種類や焼き方、量などについてです。

これらの情報を正しく理解しておかなければステーキによる効果を引き出せず、場合によっては筋トレに対して逆効果になる事もあります。
そのため、ステーキを筋トレ生活の中に取り入れたいと考えている方は、失敗しないためにも正しいステーキにおける情報をチェックしておきましょう。

ステーキは正しく利用すれば筋トレに効果的

一般的にステーキという食べ物は、脂が沢山含まれており太ってしまうというようなイメージが強いと言われています。
しかし、ステーキの部位やその焼き方、また食べるタイミングなどに注意すれば、筋トレの効果を引き上げる効果を期待する事が出来るのです。

今回は、筋トレをしている人にとって役に立つそれらのステーキのただし筋トレの活用方法をご紹介します。
ステーキという食べ物を効率的に食べて筋トレの効果を上げたいという方はぜひ参考にしてください。

ステーキが筋トレをする人にオススメの3つの理由

ステーキが筋トレをする人にオススメ出来る3つの理由

ステーキという食べ物が筋トレをする人にオススメ出来る理由は大きく分けて3つあります。

  • 筋肉を大きくする材料のタンパク質が豊富
  • 回復力を高めるなどの効果が期待出来る成分も含まれている
  • 味を楽しむ事が出来るため、精神的にも良い影響が期待出来る

それでは早速これからそれぞれの理由について詳しく解説していきます。
これらの理由を深く知る事はステーキを効果的に活用するために必要な事なので、しっかりとここで確認しておきましょう。

ステーキは筋トレの効果を出すのに必要なタンパク質が豊富

ステーキという料理に使われるのには、牛肉や鶏肉、また魚類など様々なものがあります。
しかし、いずれもタンパク質が多く含まれている食材です。

具体的には、鶏肉や牛肉の場合であれば、100gあたり20g以上のタンパク質が摂取出来ます。
そして、魚類であっても100gあたり20gに近いタンパク質が摂取出来るのです。

これらタンパク質というものは、筋トレをした後筋肉を大きくするためには大量に摂取する事が必要不可欠になります。
そのため、そのタンパク質を効率よく摂取出来るステーキという食べ物は、筋トレをしている人にとって非常にオススメ出来る食べ物と言えるのです。

種類によって筋トレ後に必要なヘム鉄やビタミンB2も採れる

ステーキに使われる食材にはタンパク質以外にも種類によってヘム鉄やビタミンB2などといったミネラルやビタミンも豊富に含まれています。
また、これらのビタミンやミネラルなどの成分というのは、摂取する事で筋トレ後の回復力をサポートする効果などが期待出来るのです。

そして、筋トレ後の回復というのも筋トレの効果を最大限に高めるためには重要な要素の1つとなります。
そのため、それを実現するために役に立つステーキという食べ物はお勧め出来ると言えるのです。

ちなみに、こういった回復などの効果を期待して、ステーキを食べている一流のスポーツ選手も多くいます。
そのため、筋トレをしている方の中で回復力に悩みを抱えている人はステーキを一度取り入れてみる事考えてみると良いでしょう。

筋トレのための食事制限中でもステーキなら味を楽しめる

ステーキという食べ物は、その調理法や味付けによって様々なバリエーションの味を楽しむ事が出来ます。
そのため、筋トレをしていて厳しめの食事制限をしている人でも、食事に変化をつけて楽しむ事が出来るでしょう。

精神的にも良い影響が期待出来るのです。
筋トレというもので体型を改善させるには、ある程度の期間筋トレや食事制限を継続する必要があります。

そして、その継続というものこのステーキという食べ物は役に立つので、筋トレをしている人にとってはお勧め出来るわけです。
特に、これまで食事制限などでストレスを感じてしまっていたという人にとっては、この味の変化を楽しめるというのは非常に大きな魅力となるでしょう。

筋トレをする人にオススメのステーキの種類や部位

筋トレをする人にオススメのステーキの種類や部位

それでは次に目的別で筋トレをする人にオススメ出来るステーキの種類や部位についてご紹介します。
今回ご紹介するのは以下の4つの目的にあったステーキの種類です。

  • 筋トレで減量をしたい
  • 筋トレで体を大きくするためのカロリーの確保したい
  • 筋トレで必要な栄養確保を安く済ませたい
  • 筋トレで健康状態の改善をしたい

では、早速これからそれぞれの目的に合ったステーキの種類や部位についてご紹介していきましょう。

ちなみに、ステーキの種類や部位を選択を間違えると目的を達成するのに悪影響が出てしまう事もあります。
そのため、ここでしっかりと確認しておいてください。

筋トレで減量したいなら、脂肪が少ない牛ヒレステーキ

筋トレをしている目的が減量であるのなら、牛ヒレステーキがオススメ出来ます。
なぜなら牛のヒレ肉はたくさんある牛肉の種類の中で脂肪とカロリーが一番低いからです。

実際、牛バラや牛肩ロースは100gあたりカロリーが400kcalを超えます。
しかし、牛ヒレ肉であれば100gあたり約半分の220kcalほどです。

脂肪やカロリーを抑えるのは減量では非常に重要なので、それが可能となる牛のヒレ肉がステーキの種類としては適切なものだと言えます。

筋トレである程度のカロリーを確保するなら牛肩ロース

筋トレを行っている人の中には、身体を大きくするためにある程度のカロリーを必要としている人がいます。
そんな方にオススメ出来るのが牛の肩ロースを使ったステーキです。

牛肩ロースは数多くあるステーキの種類の中でもカロリーが比較的多めになっています。
さらに、筋肉を大きくさせるのに必要なタンパク質や脂質も十分に確保出来るので、体を大きくしたい人にはお勧めなのです。

ただし、牛肩ロースには脂質が多めに含まれているため、食べ過ぎてしまうと脂肪が想像以上に付いてしまう事も考えられます。
ですので、取り入れる際には適度な量を守るようにしましょう。

筋トレの栄養確保を安く済ませたいなら鶏肉のステーキ

筋トレをして1日に必要なタンパク質の量を確保するためには、通常500gから1kgの肉類を食べる必要が出てきます。
そのため食べるお肉の種類によっては値段が高くなり、経済的に大きな負担となる事があるのです。

そして、筋トレをする人の中にはそういった経済的なダメージを少なくするために、安い肉を探してる人もいます。
そんな人にオススメ出来るのが、鶏肉のステーキです。

鶏肉は牛や豚、魚に比べると値段が安く、たくさん毎日食べたとしても大きな負担となる事はありません。
特に鶏の胸肉は安いので、食費を可能な限り抑えたいという方はぜひ取り入れてみると良いでしょう。

筋トレで健康の改善を目的とするなら豚ロースのステーキ

筋トレに取り組んでいる人の中には、体型改善ではなく健康状態の改善を目的としている人もいます。
そういった健康状態の改善のためには、豚ロースのステーキがオススメ。

豚ロースには体中の血流をよくする作用があると言われているナイアシンや、体内の余分な塩分を排出するカリウムなどの成分が豊富に含まれているのです。
また、豚ロースにはダイエットにも良い影響があると言うメリットもあります。

そのため、健康状態を改善としてる人には、まさにうってつけの食材と言えるでしょう。

筋トレをする人に効果的なステーキの焼き方やタイミング、量とは?

筋トレをする人に効果的なステーキの焼き方やタイミング、量

筋トレをしている人が効果的にステーキを食べるには焼き方や食べるタイミング、量などに気をつける必要があります。
なぜなら、間違った食べ方などを選択してしまうと効果が出なかったり、最悪の場合ならマイナスの効果が出てしまうからです。

そのため、筋トレに取り組んでいる人はステーキの種類だけでなく、その食べ方やタイミングなども理解する必要があると言えます。
そして、それらの情報についてはこれから詳しく解説していきましょう。

ステーキを取り入れる前に一度チェックしておいてください。

ステーキの適切な焼き方は筋トレの目的によって変わる

ステーキを効果的に食べるための焼き方については基本的に食べる目的によって変わります。
具体的には減量や健康改善を目的としている場合には、カロリーを増やさないためにグリルで余分な脂を落としながら焼くのがオススメです。

そして、体を大きくしたりする事を目的としている場合には、カロリーをある程度増やすためにオリーブオイルなどの良質の脂質を使って焼くのがオススメとなります。
基本的にはこの2つの方法を覚えておき、その時の筋トレの目的によって使い分けるようにすると良いでしょう。

ステーキの食べるべき量も筋トレの目的などで変わる

筋トレをしている人が食べるべきステーキの量というのも焼き方と同様に筋トレをする目的によって変わるのです。
例えば、筋トレを減量や健康改善を目的としている場合にはなるべくカロリーを抑えるために量は控えめにする必要があります。

具体的には体重1kgあたり2g〜3gあたりのタンパク質が目安となるので、それに合わせてステーキの量を計算するようにしましょう。
ちなみにステーキの量は100gで20gほどのタンパク質が含まれています。

そして、筋トレを体を大きくするために行っているのであれば、タンパク質は体重1kgあたり3gから4gあたりを目安として計算しましょう。
ただし、栄養をどのくらい吸収出来るのかといった個人差で必要となるステーキの量が変わる事もあります。

ですので、上記の計算で成果が出ないのであれば、徐々にステーキの量を変えていくようにしてください。

筋トレをする人は筋トレ後にステーキを食べるのがベスト

ステーキを食べるタイミングについては、筋トレをしている人であれば、筋トレ後に食べるのがベストと考えられます。
なぜなら、筋トレ後にステーキを食べる事によって、ステーキ内に含まれているタンパク質やビタミンなどを効率的に吸収する事が出来るからです。

また、筋トレ前にステーキを食べてしまうと、お腹がもたれてしまって筋トレ集中できなくなる可能性がある事を考えても筋トレ後が適切な食べるタイミングだと言えます。
もちろん、ライフスタイルによってはステーキを筋トレ後にすぐに食べる事ができない人も少なくありません。

そのような人は、多少時間が空いたとしても筋トレの後の時間帯にステーキを食べるタイミングを確保するように調整すると良いでしょう。

筋トレ後にステーキを料理する時間がない場合の2つの対処法

筋トレ後にステーキを料理する時間がない場合の2つの対処法

筋トレをした後というのは人によっては、様々な事情によってステーキを料理して料理する時間がない事もあります。
そのような人が取れる対処法は大きく分けて次の2つです。

対処法1.ステーキを食べる事が出来るお店に行く
対処法2.筋トレ前にステーキをまとめて調理しておく

それではこれから各対処法について詳しく解説をしていきましょう。
この2つの対処法があれば時間がない人でもステーキを筋トレ生活に取り入れる事が出来ます。

ぜひチェックしてみてください。

様々なステーキを安く楽しめるステーキガストなどへ行く

現在、日本各地には様々なステーキを安く楽しむ事が出来るステーキガストなどといったステーキ専門店が多くあります。
このようなお店に行けば、時間がない人でもすぐにステーキを食べる事が出来るのです。

ちなみにステーキガストでは、豊富なステーキメニューを頼むとサラダなどの20種類以上の食べ放題のメニューが付きます。
そのため特に体を大きくするためにたくさんの栄養を必要としている方には非常にオススメの店舗となっているのです。

当てはまる人はぜひ一度足を運んでみてください。

筋トレ前にステーキをまとめて調理しておく

筋トレをする前の時間がある時に、まとめて必要な量のステーキを調理しておくというのも効果的な対処法です。
実際に筋トレの成果を出すためステーキを事前に調理しておき、筋トレ後にすぐに食べられるようにしておくという一流のスポーツ選手も多くいます。

もちろん、直前に料理したステーキよりも味などは落ちてしまいますが、確実にステーキを食べる事が出来ます。
そのため、仕事などで忙しい人はこの方法も実際に取り組んでみると良いでしょう。

筋トレとステーキのまとめ

筋トレとステーキのまとめ

ここまで解説してきたようにステーキという食べ物は筋トレの目的によって、正しい焼き方や食べる量などが大きく変わってくるものとなります。
万が一間違った方法でステーキを食べてしまうと思うような効果は得られません。

しかし、反対にそれらのポイントを守っていれば、筋トレには確実に役に立つ食べ物の1つとなります。
そのため、ステーキを筋トレに活用したいと考えている方は今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひ効果的に取り入れてみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレの効率を上げる加圧シャツ4選】

当サイトでオススメしている筋肉の効率を上げる加圧シャツです。 加圧の力、正しい筋トレ姿勢の矯正、ダイエット効果などを総合して厳選しています。
  1. 金剛筋シャツ

    “金剛筋シャツのランキング"

    24時間の加圧インナーで、累計100,000枚以上の販売実績があります。3D立体構造で締め付ける力が強く、筋トレの効率をアップしてくれるのが特徴となっています。また、人間工学に基づいた伸張バンドで身体バランスを整えるため、正しい姿勢の矯正にも役立ちます。

  2. 鉄筋シャツ

    “鉄筋シャツのランキング"鉄筋シャツ

    スパンデックスという繊維を使用しており、加圧力が強く、気になる部分を締め付けて筋トレやダイエットの効果を最大限引き出してくれます。24時間着ているのも効果がありますが、筋トレをすると効果がさらに増します。また、筋トレの姿勢の矯正、伸張バンドでの姿勢矯正などの効果もあります。

  3. マッスルプレス

    マッスルプレスのランキングマッスルプレス

    24時間365日いつでも着る事が出来て、加圧によるインナーマッスルを刺激します。スパンデックス繊維による高い加圧効果があり、上半身、ウエスト、背筋調整、体幹を鍛える事が出来ます。着て普段の生活を行うだけでも効果はありますが、筋トレをする事でさらに効果を高める事が可能です。

  4. ウルトラシックス

    ウルトラシックスのランキングウルトラシックス

    体幹サポートを加圧によって行い、インナーマッスルを鍛える事が出来ます。アスリートも体幹前に着用するインナーで、減量の他、筋トレ効率のアップをしてもらえます。スパンデックス繊維仕様で、筋肉繊維に沿って全身を加圧し、アスリート体型をサポートします。また、1日中着ても違和感のない伸縮素材です。