筋トレとセロトニン

セロトニンと呼ばれる脳で分泌される脳内物質は、間接的ではありますが、筋トレに良い影響があると言われています。
例えば、筋トレへのやる気や集中力、筋肉の成長に欠かせない良質な睡眠のサポート効果などです。

今回はなぜセロトニンにこれらの効果があるのか、その理由を分泌を増やす方法と合わせて解説していきます。
ですので、筋トレによって得られる効果をより大きくしたいと考えている方は、ぜひ今回ご紹介する情報を参考にしてください。



筋トレとセロトニンの意外な関係性

セロトニンという脳内で分泌される脳内物質は、筋肉とは直接的には関係しません。
そのためか、筋トレをしている人でこのセロトニンというの脳内物質について深く知っている人は多くないと言われています。

しかし、これらの脳内物質は実は筋トレに対して良い影響や効果があると考えられているのです。
今回は、具体的にセロトニンが脳内物質が筋トレに与える良い効果や、脳内での分泌を増やす方法などについてご紹介していきます。

また、セロトニンと同じ脳内物質のドーパミンについても解説するので、筋トレの効果を高めたい方はぜひ今回ご紹介する情報をチェックしてみてください。

筋トレに対してセロトニンが与える良い効果とは?

筋トレに対してセロトニンが与える良い効果とは

セロトニンという脳内物質が筋トレに対して与える良い効果は、大きく分けると以下の2つあると考えられています。

  • 筋トレの効果を邪魔するストレスを感じにくくする
  • 筋トレ後の筋肉の回復に必要な良質な睡眠をサポートする
  • それでは、早速それぞれの効果がなぜセロトニンという物質が分泌される事で期待出来るのか、その理由について解説をしていきます。
    この理由を知る事でセロトニンという物質を筋トレに活用する意味が深く理解出来ますのでしっかりと確認しておいてください。

    セロトニンは筋トレ効果を減らすストレスを感じにくくさせる

    ストレスを感じるといった不安定な精神状態になると、体内で筋肉を分解してしまう原因の1つとなるコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。
    セロトニンには、このような筋トレに対してマイナスの影響があるストレスなどを感じにくくさせる効果があるのです。

    セロトニンには、不安定な精神的な状態のバランスを整えてポジティブな状態にさせる効果があります。
    ちなみに現代の日本人は、うつ病患者が増えている事からもわかる通り強いストレスを感じている人が多いのです。

    そのため、この効果というのは筋トレに取り組んでいる多くの人にとって、非常に役に立つものだと言えるでしょう。

    セロトニンは筋トレ後の回復に必要な良質な睡眠の役に立つ

    肉体的に大きな負担となる筋トレを行った後には、その効果を出すために良質な睡眠をとる必要があります。
    そして、その良質な睡眠を実現させるために非常に重要となるのがこのセロトニンなのです。

    実は、しっかりとセロトニンが脳内で分泌されていると、自律神経のバランスが良い状態になります。
    そして、自律神経のバランスが良い状態であれば、夜になると自然と眠気を感じて質の良い睡眠がとれるようになるのです。

    特に良い睡眠ができていないと悩んでいる人にとっては、重要な効果の1つとなりますので当てはまる人はセロトニンの分泌を増やす努力をするべきだと言えるでしょう。

    筋トレに良い効果のあるセロトニンの分泌を増やす方法

    筋トレに良い効果のあるセロトニンの分泌を増やす方法

    筋トレに良い効果のあるセロトニンという脳内物質の分泌を増やすために効果的な方法として以下の3つの方法があります。

    • 単純な動作を繰り返す筋トレや運動
    • 毎日少しずつ太陽の光を浴びる
    • セロトニンの分泌を促進させる大豆製品を食べる

    それでは早速、各方法の具体的なやり方についてそれぞれのポイントと合わせて解説していきます。
    それぞれの方法における重要なポイントを抑えなければ、セロトニンを増やす効果を最大限に引き出す事ができません。

    そのためここでそのポイントについての詳細については、ここで必ずチェックしておきましょう。

    セロトニンは単純な動きを繰り返す筋トレや運動で増える

    単純な動作を繰り返すリズムのあるような筋トレや運動というのは、セロトニンの分泌を司るセロトニン神経を活性化させる効果があると言われています。
    具体的には、一定のリズムで行うスクワットやジョギングなどの筋トレや運動が良いでしょう。

    ちなみにスクワットなどとは違う複雑な動作が必要とされる運動や筋トレは、セロトニン神経の活性化にはほとんど効果がないとされています。
    そのため、セロトニンの分泌を増やす事を目的としている場合には、必ず単純な動作を繰り返すものを選ぶようにしてください。

    太陽の光を浴びる事もセロトニンを増やすのに効果的

    運動よりもはるかに簡単に、そして効果的に取り組む事が出来るセロトニンを増やす方法としてあるのが、日光浴という方法。
    なぜなら人間の体は、日光を浴びると目の網膜から光が入り、それがセロトニン神経を刺激して分泌を促進する事が出来ると言われているからです。

    特にこの日光浴という方法は、室内で仕事する事が多くなった事で太陽の光をあびる時間が少なくなった現代の日本人にとっては、有効な方法の1つとなります。
    また、日光浴は外に出るだけで取り組める方法なので、太陽光を十分に浴びていないと自覚のある方はぜひ生活習慣の1つとして取り入れてみてください。

    筋トレの効果を引き出す大豆製品もセロトニンを増やす

    大豆製品には筋肉の材料となるタンパク質が豊富に含まれているため、筋トレの効果を引き出すためには有効です。
    しかし、実はこの大豆製品というのはセロトニンの分泌を増やすのにも有効だと考えられています。

    なぜなら、大豆にはセロトニンを作り出す時に必要とされるトリプトファンという成分が多く含まれているからです。
    そのため、筋トレのためにセロトニンの分泌を増やしたいのであれば、筋肉にも直接良い影響のある大豆製品を積極的に食べるようにすると良いでしょう。

    セロトニンと同じ脳内物質ドーパミンも筋トレに効果がある

    セロトニンと同じ脳内物質ドーパミンも筋トレに効果がある

    ドーパミンとは、ここまで解説してきたセロトニンと同様に脳で分泌される脳内物質の1つです。
    そしてこのドーパミンが分泌される事でも実は筋トレに対して良い効果を期待出来ます。

    その代表的な効果としてあるのが以下の2つです。

    • 筋トレを継続させるのに必要なやる気を出す
    • 質の高い筋トレを実現させるのに必要な集中力を高める
    • ドーパミンが分泌される事によってなぜこれらの効果が得られるのかを知るだけで、より筋トレの効果を上げる事が出来ます。
      ですので、筋トレをしている人はこれから解説する各効果についての詳しい解説もチェックしてみてください。

      ドーパミンは筋トレを継続するのに必要なやる気を出させる

      ドーパミンという脳内物質が分泌されると、人間は運動や学習などの行動を起こしたいという衝動を覚えるという習性を持っています。
      この衝動こそが一般的にやる気、と呼ばれるものなのです。

      そして筋トレというものは、ある一定の期間継続して初めて効果を得られるものになります。
      つまり、その継続を実現させるために必要なやる気を出すというドーパミンの効果は、筋トレをする人によって非常に良い効果だと言えるのです。

      特に、過去にやる気が出ない事が原因で筋トレの効果を得られなかったという経験のある方にとっては、このやる気が出る効果は非常に魅力的なものになると言えるでしょう。

      ドーパミンは質の高い筋トレに必要な集中力を高める

      ドーパミンという脳内物質には、質の高い筋トレに必要だと言われている集中力を高める効果も期待出来ます。
      なぜなら、ドーパミンが脳内で分泌されると快感神経系と呼ばれる部分が興奮状態になり、それによって集中力が高まると考えられているからです。

      筋トレで最大限の効果を得るためには、過去の筋トレよりも強い刺激を筋肉に与える必要があり、それには限界に挑むための高い集中力が必要となります。
      そのため、この集中力が高まるというドーパミンの効果も、筋トレを行う人にとっては非常に重要な効果の1つになると言えるでしょう。

      筋トレのためにセロトニンとドーパミンの分泌を増やす方法

      筋トレに対して良い効果が期待出来るドーパミンとセロトニンという脳内物質の分泌を同時に増やすためには、効果的なものとして以下の3つがあります。

      • 筋トレなどの体を動かす運動
      • 笑ったり、達成感を得る
      • 分泌を促進させるカフェインやL-テアニンの摂取

      これらの方法はどの方でも簡単に取り入れる事が出来るものです。
      ですので、筋トレの効果を高めるためにも普段の生活の一部としてどんどんと取り入れていってみてください。

      ⇒筋トレ効率をアップさせる加圧シャツを見てみる。

      セロトニンと筋トレのまとめ

      セロトニンと筋トレのまとめ

      セロトニンという脳内物質は、最初にも少し触れた通り筋トレによって大きくなる筋肉とは直接的には関係しません。
      しかし、これらの脳内物質が正しく分泌されれば、筋肉を大きくさせるための筋トレに良い影響が出るという事は確かです。

      また、セロトニンやドーパミンなどの不足はうつ病などを引き起こす原因となるとも言われています。
      そのため、筋トレだけでなく総合的な健康のためにもセロトニンなどの脳内物質の分泌を増やす方法には積極的に取り組んでみましょう。


      おすすめ記事&スポンサードリンク