筋トレとタバコ

喫煙者に対する風当たりが日々強くなる昨今ですが、実はタバコは筋トレの効果にも深い影響を与えるのです。
タバコを吸うと、体内では肺や心臓に負担が掛かります。

また、毛細血管を縮めてしまうという影響もあるのです。
これらは筋トレを日々頑張る人達にとって決して無視出来るものではありません。

今回は、筋トレとタバコの本当の関係について解説していきましょう。



タバコは筋トレにも百害あって一利なし

単刀直入に結論から言ってしまうと、タバコを吸うメリットというのは全くありません。
純粋にタバコは吸わない方が良いものなのです。

これは筋トレを行っている人、行っていない人に関わらず共通しています。
ただ、その一方で現在タバコを毎日吸っている人にとっては、精神的な安定をもたらしてくれる便利なアイテムであるとも言えるのです。

タバコは絶対悪だとまでは言いません。
しかし、タバコと筋トレに関する正しい知識を持つ事によって、喫煙量を減らしたりタバコを完全にやめるきっかけとなるかもしれません。

筋トレ・筋肥大に関するタバコの影響とは?

筋トレ・筋肥大に関するタバコの影響

それでは筋トレや筋肥大を実現しようとする上で、タバコを吸うと具体的にどのような悪影響があるのかを解説していきましょう。
筋肉のスピーディーな発達には、健全な肉体や栄養環境が必須となります。

しかし、タバコはそれらの存在や働きを阻害してしまうのです。
タバコを吸っている人にとっては、耳が痛い内容ばかりかもしれません。

しかし、せっかくの機会ですからきちんと勉強しておきましょう。

筋トレがタバコに与える具体的な悪影響

タバコを吸う事によって、具体的にはどのような悪影響があるのでしょうか。
まず第一に、筋トレパフォーマンスの低下が挙げられます。

これは筋肉が十分な力を発揮出来ない状況にある事を指します。
そのため、筋肉が増えるどころか、最悪の場合どれだけ筋トレをしても減少してしまうのです。

第二に、タバコは筋トレに対するメンタルにも悪影響を与えてしまいます。
これによってモチベーションはダウンし筋トレの継続が困難になってしまうのです。

メンタルの悪化、モチベーションの低下は集中力を欠いたトレーニングにも繋がります。
すると、筋トレ中に大きな怪我をしてしまうリスクも高まってしまいます。

そして、さらに問題が深刻化する可能性もあるのです。

タバコは筋トレパフォーマンスを悪化させる

タバコの煙は喫煙者の肺に大きなダメージを与えます。
肺はご存知の通り、空気を体全身に送るための重要な臓器です。

肺から満足な空気が提供されなくなった肉体(筋肉)は、当然ながらその力を十分に発揮する事が出来ません。
持っている筋肉が更に発達するためには強い、瞬間的な力の発揮が必要不可欠です。

このような動作を実施出来ないのは、トレーニーとして致命的と言えるでしょう。
タバコによる最も大きな問題は、この筋トレパフォーマンスの低下にあると言えるのです。

タバコは筋トレ中のメンタルにも悪影響を与える

タバコが筋トレのパフォーマンスを低下させてしまうと、これはメンタルにも悪い影響を与えてしまいます。
体が重かったり、思っている重量を挙げられなかったりすると、それだけでモチベーションが下がってしまうのです。

筋トレを継続させ、理想の体を作るためには、極めて高いモチベーションの維持が重要となります。
実際にこれまで行われた実験や研究でも、喫煙者の方が非喫煙者に比べて筋トレを継続させられる人の割合が少ない事が分かっているのです。

タバコによる身体的負担は筋トレには何の役にも立ちません。
一日も早くタバコはやめるべきでしょう。

筋トレとタバコは2chでも評判悪し!

様々な話題について、様々な価値観を持つ人達が意見を戦わせている巨大ネット掲示板の2ch。
タバコに関しては、圧倒的に「否定派」が多数となっています。

これは2chの利用者に比較的若い世代が多い事も一つの要因であるとは考えられます。
ただ、やはり筋トレや健康関連のスレッドでは、「タバコ」を擁護するような声はほぼ見かけません。

最新情報や正確な情報に敏感な世代程、タバコの害悪についてはきちんと理解していると言えるでしょう。

筋トレにタバコは関係ないと言い張る人へ

自分はタバコを吸っていても筋肉は増えている。
タバコの悪影響なんか感じた事はない。

そう言い張る人もいるでしょう。
しかし、タバコのニコチンやタール、その他の有害物質が体に与える影響というのは、全て科学的に実証されたものばかりです。

自分の体感のみで現代科学に対抗するのは、ハッキリ言って不可能。
実証された研究結果に対しては、素直に従うのが賢い考え方というものです。

「タバコなんかへっちゃらだ」という人であっても、もし貴方がタバコを吸わずに筋トレをしていればもっと効果があったはず。
さらなる進化のためにタバコをやめてみるのもひとつの手段でしょう。

タバコ好きが筋トレのために禁煙する方法

タバコ好きが筋トレのために禁煙する方法

タバコには依存症がありますから、やめようと思ってもそう簡単にやめられる物ではありませんね。
それがタバコの一番厄介なポイントと言えるかもしれません。

タバコを止めるための手段は色々とあります。
まず第一に、ここまで解説した筋トレに関する内容をしっかりと頭に入れ、タバコを「気持ちよく吸えない」心持ちにする事は大切です。

正しい知識を手に入れれば入れるほどタバコを素直に楽しめなくなるはず。
そして、少しずつ減煙を進め、いよいよ本格的にタバコをやめようと考えた時には、医療機関を受診するのが良いでしょう。

最近では禁煙外来という禁煙専門の科が病院内に設けられるようになっています。
素早く確実にタバコを断つには、この方法がハッキリ言って一番と言えます。

筋トレとタバコのまとめ

筋トレとタバコのまとめ

タバコは大原則として吸わない方が絶対的に良い事は間違いありません。
タバコによって得られる物は全く無く、逆に失う物ばかりなのです。

タバコを吸っていない人は、これからもタバコとは無縁の生活を送るべきだと思います。
また、喫煙されている方は、少しでも量を減らすよう努力してみましょう。

喫煙は筋トレパフォーマンスを悪化させ、モチベーションの低下まで引き起こしてしまいます。
せっかくの努力が無駄になってしまうかもしれないわけですから、タバコは筋トレにとって「敵」と言える存在なのです。


おすすめ記事&スポンサードリンク