筋トレとストレス

筋トレの目的の一番は、筋肉を付ける事です。
体を鍛えて、体を健康に保つというのは筋トレの最たる効果と言えます。

適度な脂肪とガッチリした筋肉があれば、病気の予防にも繋がるでしょう。
しかし、筋トレの効果は体を健康に保つだけではありません。

ストレスを解消し、心を健康に保つ効果も筋トレには存在します。

筋トレの持つストレス解消の効果とは?

では、筋トレをする事で、どんなストレス改善効果が期待出来るのでしょうか。
決して精神的な話ではなく、キチンとした科学的な根拠が存在するのです。

体を動かすとセロトニンとテストステロンというホルモンが分泌されます。
通称、幸せのホルモンと言われるセロトニンと分泌されると、人間は幸福感を覚えるのです。

もう一つの男性ホルモンであるテストステロンは、筋肉を成長させる効果があります。
また、脳内麻薬と言われるドーパミンの分泌を促進する効果も知られている物質。

筋トレをすれば、楽しいと感じるホルモンが大量に分泌されます。
分泌されたホルモンが、ストレス解消の効果を生み出すのです。

筋トレでうつ病改善が出来る?

そもそもうつ病の人は、先ほど上げた幸福物質を脳内で感じられない状態。
先ほど上げたセロトニンやテストステロンは、筋トレの有無に関わらず少量分泌されます。

しかし、うつ病になっている人は、ホルモンを感じる側に問題が起きている、もしくは、そもそも分泌されている量が通常に比べて少ないのどちらかです。
ホルモンバランスの崩壊が、うつ病を発症する一番の理由になります。

もちろん、バランスを崩してしまう理由は、環境的な要因もあれば身体的な要因も様々です。
そこで、筋トレをすれば、セロトニンやテストステロンが盛んに分泌されます。

大量に分泌されれば、崩れてしまったホルモンバランスを整える事が出来るのです。

筋トレでストレス耐性が出来る?

筋トレは究極的には体を苛め抜き、ある程度の負荷を掛ける事です。
確かにストレスは健康の大敵ですので、溜めない事に越した事はありません。

しかし、これもワクチンのようなもので、多少のストレスを掛けないと体は弱いままです。
体に掛けるストレスで、筋トレ以上に最適に程よいストレスを掛けるものになります。

トレーニング自体、やりたくないというネガティブな気持ちと戦いながらするものです。
そのネガティブな気持ちを払うのも、結局は筋トレという循環になるでしょう。

また、先ほど紹介した二種類のホルモンは、ストレスを軽減する効果を持っています。
つまり、筋トレをするだけで何重もの対ストレス効果が生まれるのです。

筋トレでストレスが取れてポジティブになる?

マンガのような話ですが、気弱な少年が格闘技を始めて性格が変わるという事はあります。
筋トレをすれば、当然ですが筋肉が付き、筋肉が付けば外見も変わってきますよね。

ボディービルダーのような筋骨隆々な体でなくても、筋肉があるのは自信に繋がります。
また、武道に限らずスポーツは、やはりある程度の筋肉と体の使い方が必要です。

自分の体をある程度思い通りに動かせるようになると、スポーツの上達が早くなります。
運動に限らず何か得意な事があるというのは、それだけで自身の源です。

また、体を鍛えれば体力が付きます。
勉強も仕事も何事も体力勝負です。

疲れにくい体になれば、長時間の仕事に耐えきれるようになります。
ビジネスマンの多くが体を鍛えている理由は、このような副次効果が期待出来るからです。

また、程よく疲れる事で眠りの質も良いものになります。

過度な筋トレはストレスホルモンが溜まる

過度な筋トレはストレスホルモンが溜まる

筋トレに心を健康に保つ効果がある事は、よく分かっています。
ただ、その前に自分が何のために筋トレをするのかを、まず確認する事が大切です。

そして、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしの言葉の通りで、やり過ぎは禁物と言えます。
確実に効果が表れるような方法を取り、自分がギリギリ突破出来るラインを見極めましょう。

体を鍛えたいからと、いきなり激しい筋トレをする事は褒められた事ではありません。
確かに、筋トレの運動強度を上げるならば回数を増やして、いくらでも上げられます。

しかし、ただ何の目的もなく行っていては、辛い思いをするだけで効果が上がりません。
筋トレは日課にしなければなりませんが、成果のない事を続けるのは苦行と言えます。

負荷の高い筋トレは、達成する事や継続する事が中々難しいトレーニングです。
達成出来ない大変なトレーニングは、逆にストレスを溜める行動になってしまいます。

ストレスホルモンが溜まると筋トレが無意味になる?

上で見たように、過ぎた筋トレは良くないモノです。
本来、ストレス軽減に始めたはずの筋トレが、ストレスを溜める結果になってしまうでしょう。

人間は、ストレスを感じると、コルチゾールというホルモンを分泌します。
このコルチゾール本来の効果は、交感神経を刺激してストレスを軽減する事です。

しかし、このコルチゾールが働くエネルギーは、筋肉を分解する事で作られています。
つまり、コルチゾールが分泌されると、筋肉が減るという状況に陥るのです。

達成感のある筋トレをするから、ストレス軽減になると覚えておきましょう。

筋トレとストレスのまとめ

筋トレとストレスのまとめ

筋トレにとどまらず、スポーツをする事はストレス改善に大いに役立ちます。
しかし、スポーツをするのはハードルが高く中々時間も取りにくいという時、筋トレなら手軽に始められ多様なスポーツに転化出来る能力になるでしょう。

しかし、ハードな筋トレは逆にストレスを溜める行為になります。
自分の出来る限界を見極めてそれを少しずつ増やしていく、それが理想的なストレス改善のための筋トレのやり方。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBマッスルプレス

    HMBアルティメイトのランキングHMBマッスルプレス

    180粒で45,000mgのHMBが配合されています。元プロボクサーの長谷川穂積さんも愛用しているサプリで、HMBの補給に適しています。初回価格は他のサプリより高いのですが、トータルコストは他の筋肉サプリよりも安くなっています。定期コースはいつでも変更・停止が可能なので、安心して購入することが出来ます。