リジン

人間の体にとって、必ず食事やサプリメントから摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸。
リジンは、その中の一つに挙げられる極めて重要なアミノ酸なのです。

筋トレを日常的に行っている人にとっては、ロイシンやバリン、イソロイシンといったアミノ酸には馴染みがあるかもしれませんね。
しかし、リジンにはあまりスポットが当たることはないと思います。

今回は、リジンの働きなどについて注目してみましょう。

リジン不足は筋肉への悪影響!忘れずに摂取しよう

まず、ざっくりとリジンの効果について解説しましょう。
リジンが不足してしまうと、筋肉にどのような悪影響があるのでしょうか。

まず、リジンには疲労回復効果や集中力向上効果が認められています。
これによって、筋トレのパフォーマンスを改善できる可能性があるのです。
逆に言えば、リジンが不足してしまうと、筋トレのクオリティが低下してしまう事になるわけですね。

また、リジンには肝機能を高める作用もあるとされ、タンパク質の筋肉への合成を助ける効果もあると考えられます。
肝臓は摂取した栄養素を全身に分配する役目を持っています。
この肝臓を正しく機能させるためにも、リジンは重要というわけなのです。

必須アミノ酸リジンの効果を徹底解説

必須アミノ酸リジンの効果

他にもリジンには、ヘルペスを予防したり、脳卒中を防ぐ効果があるとされています。
また、筋トレ好きの男性にはつきものの悩みである「薄毛」の対策にもリジンは効果があるのです。

さらに、リジンの正体と効果などについて細かく解説していきます。

リジンはケト原性アミノ酸の一種

リジンはケト原性アミノ酸の一種です。
ケト原性アミノ酸とは、体内で「ケトン体」というエネルギー物質に変化することが可能なアミノ酸という意味です。
糖質制限ダイエットを行った場合、糖質(グリコーゲン)の代わりに人間のエネルギーとなるのがケトン体です。

つまり、リジンのようなケト原性アミノ酸を摂取しなければ、糖質制限ダイエットは苦行にしかならず、ダイエットも失敗してしまう可能性が高いのです。

また、リジンはカルニチンの前駆体でもあります。
カルニチンには血流を促したり、疲労を回復したりする効果があります。

リジンは必須アミノ酸の中でも、最も充足率が低いアミノ酸だと言われています。
リジンはある程度意識的に摂取しなければ、すぐに体調不良の原因となってしまう可能性もあるのです。

リジンはヘルペスを予防・改善する

口の周りに出来る事の多いヘルペス。
女性はもちろん男性にとっても不快感のある疱疹です。

このヘルペスを予防したり改善したりする効果をリジンは持っています。
リジンには、ヘルペスの原因となる単純疱疹のウィルス感染を強くブロックする働きがあるのです。

疲れが溜まるなどして抵抗力が弱まった際、ヘルペスが発症することが多いという人は、リジンの摂取量を増やすことで症状の改善が期待できます。

集中力アップと疲労回復を促すリジン

リジンはアミノ酸であり、人間の体を形作る上で重要な存在です。
そのため、リジンには当然のことながら、疲労回復効果が期待できます。

リジンを摂取する事で、タンパク質が筋肉やその他の内臓器官へと同化する事が促進されます。
また、タンパク質だけでなく、カルシウムの吸収率アップにも、リジンは寄与するため骨も丈夫になるのです。

その他、ブドウ糖の代謝効率を改善し、脳の疲れを取り去る効果もあります。
脳にブドウ糖(グリコーゲン)が効率よく送り届けられれば集中力も改善します。
筋トレからは若干話しが逸れますが、デスクワークや勉強に頑張っている人にも、リジンは是非積極的に摂取して頂きたいと思います。

リジン不足になりやすい人の特徴

リジンは肉類や乳製品に多く含まれている一方、穀類にはほとんど含まれていません。
つまり、昔ながらの日本人的な生活をしていると、リジン不足になりやすいと言えます。

肉類や乳製品をあまり食べない方がヘルシーだと考える人も多いのですが、これは「健康的」なのではなく「カロリーが少ない」というだけの意味です。
必要となる栄養素が摂取出来ていないのであれば、それはカロリーをカットする以前の問題と言えるでしょう。

リジンの欠乏症になると、疲れが全く抜けなくなったり、集中力が散漫になったりします。
酷い場合はめまいがしたり、貧血を起こして倒れてしまう人もいるのです。

筋トレでしっかりと成果を得るためにも、動物性タンパク質をしっかり摂り、絶対にリジン不足にならないよう気をつけなければいけません。

効果的なリジンの摂取方法とは?

効果的なリジンの摂取方法

では食品やサプリメントを含め、リジンはどのように摂取するのが良いのでしょうか。
また、リジンをあまり過剰に摂取すると、何か副作用的な影響が起こるのでしょうか。

筋トレに効果的なりジンの摂取方法についてまとめていきましょう。

リジンを多く含む食品とは

先程、少しだけ解説しましたが、リジンは肉類や乳製品、魚介類など動物性のタンパク質に多く含まれています。
逆にお米や小麦粉など、我々の主食となる食べ物にはほとんど含まれていません。
そのため、偏った食生活をしていると、リジン不足に陥る可能性が高くなるのです。

どうしても動物性タンパク質を食べるのが苦手だという人は、せめて大豆食品を多く摂る必要があります。

いずれにせよ、筋トレをしてその効果を最大限に得るためには、タンパク質の摂取量を絶対的に増やす必要があります。
多くの場合は、タンパク質を増やす過程で、自然とリジンの摂取量も増加すると考えれば間違いありません。

1日のリジンの適切な摂取量、副作用は?

リジンはアミノ酸ですから、基本的に過剰摂取の心配や副作用について過度に気にする必要はありません。
リジン単体で考えるよりも、全体としてタンパク質摂取量を「体重の2倍〜3倍程度のグラム数」に設定し、毎日生活していれば適量であると言えます。

また、タンパク質も体重の5倍のグラム数以上摂らなければ問題とはなりません。
しかし、肝臓や腎臓にもともとも持病を抱えてらっしゃる方については、医師に事前相談しておいた方が良いでしょう。

リジンのサプリメントはいつ飲むべき?注意点はあるの?

リジンのサプリメントは、主に美髪効果や増毛効果を期待して販売されています。
筋肉を鍛えると、それに関連してテストステロンの分泌が活発になります。
そのため、それによる薄毛対策としてリジンサプリを飲む人もいるかもしれません。

ただ、薄毛対策という意味では、ジヒドテストステロンと頭皮の毛根にある受容体が結合するのを防ぐ、フィナステリドの方が一般的には効果が高いと言われています。
リジンを増毛のためだけに飲むのであれば、フィナステリドが含まれた医薬品を試してみた方が、コスパは良いと言えるでしょう。

それ以外に疲労回復効果を狙って、リジンサプリを使う場合は夜寝る前に飲むのがオススメです。
注意点は特にありませんが、他にタンパク質を多く含む食べ物や飲み物とは一緒に摂取しない方が良いと言えます。

筋肉以外のリジンの効果!育毛にも好影響?

筋肉以外のリジンの効果

前述した通り、リジンには髪の毛を美しくする効果があります。
この点については、女性にはかなり重要な部分と言えるでしょう。

一方で、育毛、増毛という意味では、必ずしもリジンだけに頼るのは効率的とは言えないようです。
というわけで、以下にリジンの筋肉以外の効果やリジンと併せて摂取すべき栄養素について解説していきましょう。

美髪と育毛に効果のあるリジン

リジンを美髪、増毛効果を期待して摂取しようとする場合、その方法には二通りあります。
一つは食事やサプリメントとして経口摂取する方法。
そしてもう1つは、シャンプーやトリートメントにリジンを配合する方法です。

このうち、本当にオススメ出来るのは、経口摂取における体の内面からの美髪、育毛効果です。
当然のことですが、既に生えている髪の毛にアミノ酸を与えても、それで髪の毛が健康になるわけではありません。
ましてや、これから生えてくる髪の毛の量や太さには全く影響はありません。

頭皮や毛根に付けるタイプのリジン含有育毛剤もあります。
しかし、これも頭にタンパク質を塗り込んでいるのとほとんど同じですからあまり意味は無いのです。

アミノ酸は口から摂取し、肝臓など様々な臓器で代謝されたり、酵素によって産生物を作り出します。
そのような過程を経て、初めて髪の毛にも良い影響を与えてくれるのです。

筋トレ好きの男性はリジンで育毛に励もう

本気でリジンを活用して育毛に励むのであれば、リジンだけに特化した形で精製されているサプリメントを服用しましょう。
前述した通り、フィナステリドやミノキシジルといった成分と一緒にリジンを摂取することで、毛量を復活させることは可能だと考えられます。

ただ、その前にリジンを積極的に摂ることで、疲労回復効果や内臓機能の調子の良さを実感することになるでしょう。

リジンと一緒に摂取すべき栄養素は?

リジンと一緒に摂取すべき栄養素としては、ビタミンB群が大切になります。
これはリジンに限らずですが、アミノ酸が筋肉の細胞と同化する際、補酵素としてビタミンB群はとても重要な役割を果たすためです。

ビタミンB群はサプリメントで、比較的安価に摂取することが出来ます。
また、当然ビタミンB群を多く含む豚肉や魚介類を食べるのでも構いません。

リジンの効果まとめ

リジンの効果まとめ

必須アミノ酸の一種だけあって、リジンは我々の体内でとても多くの重要な役割を担っています。
繰り返しにはなりますが、筋トレをしている人にとっては、疲労回復効果や集中力アップ、そして肝機能の改善といった効果は大変ありがたいものです。

リジンは特に細かく考えなくとも、タンパク質の量を毎日しっかり確保出来ていれば、自然とそれなりの量を摂取することができます。
リジンだけに特化したサプリメントを買うよりは、プロテインや動物性タンパク質を多く含む食材にコストをかける方が利口だと言えます。

いずれにせよ、筋肉増強を目指すのであれば、毎日数回に分けて他の必須アミノ酸も含めて、きちんと摂取するよう準備を整えることが肝心です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレなどでサプリを検討している方は、参考にしてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。