筋トレ無理

筋トレを始めたての時はモチベーションも高い分、トレーニングや食事などの面で無理をしていまいがちです。
その結果、やる気が続かず三日坊主で終わってしまう事もあるかもしれません。

筋トレにおいてはトレーニングの内容も重要ですが、何より続けることが大切です。
そこで、今回は無理して筋トレをする事による意外なデメリットと、無理せずに継続して筋肉を付けていく筋トレの方法を紹介していきます。

筋トレで無理をすることはかえって逆効果?

分厚い胸板や、キレイに割れた腹筋に憧れて筋トレに励むことは悪くありませんが、やりすぎは禁物です。
筋トレを無理にやりすぎると、筋肥大、安全面、モチベーションの面で悪影響を及ぼしてしまいます。
それぞれのデメリットについて説明していきます。

筋トレで無理をすると筋肉が細くなる?

筋肉を付けるためにトレーニングしているはずが体が細くなっている。
信じられないようですが、無理して筋トレをやりすぎると起こってしまう減少の一つです。
しっかりと休養や栄養が得られていない状態で筋トレを行うと、筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとしてしまうのです。

無理な筋トレは怪我をする可能性大

筋トレは、体の各部位の筋肉に負荷を掛けています。
そのため、無理をしてさらに高い負荷をかけたり、多くの回数をこなすと、疲労によって、フォームが崩れて関節痛の原因になってしまいます。
もし、トレーニング中に痛みを感じ時は、今行っている動作をやめてすぐに休みましょう。

無理な筋トレは三日坊主を引き起こす

筋肉は、ほんの数日のトレーニングで付くものではなく、ある程度の期間が必要です。
すぐに筋肉を付けたい!と思って筋トレに励むことは悪くありません。
しかし、いつも100%の体力を使っていると、疲労が溜まって次の日に残った状態になります。

そうなると、次に予定していたトレーニング日には、体がダルくサボる原因となります。
サボったことへの罪悪感から、精神的にも辛くなってしまい、1週間たたずに辞めてしまうなんて事に繋がりかねません。

筋トレは習慣化すれば無理なく続けられる

筋トレは習慣化すれば無理なく続けられる

皆さんは、歯磨きや顔を洗うといった習慣を毎日繰り返していると思います。
筋トレも同じように習慣化、ルーティン化する事でかなり楽に続けられます。

具体的にやる事は「いつやるか(曜日や時間帯)、何をするか、どれくらいするのか」を決めておき、継続することです。
例えば、「水曜の朝の15分はスクワットを20回x2セットやろう」といった具合。

負荷が軽くても継続する事で、基礎的な筋肉が付き、徐々に負荷を上げていけば良いのです。
忘れないように、メニューを1つの紙に書き出して貼っておくのも、良いアイディアだと思います。

また、出来なくても自分を責めず、実行したトレーニングを記録して見返すとモチベーションも上がり、無理なく習慣化して続ける事が出来ます。

毎日30分の無理しないで出来る筋トレメニュー

毎日30分の無理しないで出来る筋トレメニュー

1日の中で、まとまった時間を確保してトレーニングするのは中々難しいかもしれません。
そこでオススメしたいのは、1種目3セット10分を3回やるという方法です。
別々の部位で1セットずつや、鍛えたい部位があれば同じ部位で3セット鍛えるなど、自分の好みに合わせて行うと良いでしょう。

また、大きい筋肉にフォーカスする事で、効率的に筋肉を付ける事が出来ます。
体の中で筋肉が多い部位の順番は下半身、ついで背中、胸という具合になっています。
これらを鍛える事で、代謝を上げて脂肪燃焼もしやすくなります。

オススメのトレーニングメニューとしては、スクワット、プッシュアップ、クランチです。
基本的なメニューですが、20回x3セットをゆっくり行うスロートレーニングで、さらに負荷をかけられたり、バリエーションも豊富なので、基礎からしっかり筋肉を付けたい方まで広くオススメ出来ます。

その他にも、デッドリフト、ベンチプレス、チェストフライやチンニングなどがあります。

筋トレ中は無理やり食べる事をしなくても大丈夫

筋トレ中は無理やり食べることをしなくても大丈夫

筋肉を付けるためには、食事からタンパク質を始めとする栄養素を補給することが大切です。
だからと言って、食べ過ぎてしまうことは逆効果で、お腹を壊してしまう原因となります。

例えば、胃腸を壊した状態で、無理やり食べ物を摂取しても栄養は吸収されにくいと言えます。
その状態でまた無理して食べてしまうと、さらに悪化してしまい悪循環に陥ってしまいます。

仮に食べる量を増やすにしても、自身の食べられる量のキャパシティを見極めつつ、少しずつ量を増やしていくことが遠回りにみえて近道となります。

筋トレ中には無理して一気に食べるのではなく、胃に負担のかからない程度に、こまめに食事を摂るスタイルがオススメです。

無理せず継続できる筋トレ法まとめ

無理せず継続できる筋トレ法まとめ

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」ということわざがあるように、何事もやりすぎは禁物で、それは筋トレにも通じることです。
筋肉は毎日の積み重ねによって付いていくものです。
そのため、「一気に」や「まとめて」といった発想を元にしたトレーングは、なるべく控えた方が良いでしょう。

無理せず確実に一つ一つの筋トレを終えて、また一歩理想の体に近づいた!と振り返りながらじっくりと進めていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレなどの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。