太股のトレーニング

太股に悩みを持つ人は、男性にも女性にも多くいると言われています。
その悩みの内容も太くしたいという悩みだったり、反対に細くしたいという悩みと様々です。

今回の記事では、そういった太股の悩みごとに分けてオススメ出来る太股のトレーニングの具体的な方法をご紹介します。

ちなみに、目的に合わない方法でトレーニングしてしまうと、逆効果を生んでしまう事もあります。
そのため、ぜひ太股のトレーニングを始める前にチェックしてみてください。

太股を太くしたい?細くしたい?トレーニング方法

太股の悩みの中には、細過ぎると悩みと反対に太股が太過ぎるという2つの種類の悩みが主なものとしてあります。

ただどちらの悩みであっても、それを解決するために最も有効だとされているのが太股のトレーニングなのです。
そのため、太股に悩んでいる人は、まず太股のトレーニングがオススメ出来ます。

しかし、そのトレーニングの方法などを間違えてしまうと、太くしたいのに細くなったり、補足したいのに太くなってしまう事があるのです。

そこで、これから逆効果を生んでしまわないために、目的別でオススメ出来るトレーニング方法の内容について解説していきます。
太股に悩みを持つ方は、ぜひ参考にしてください。

太股を細く引き締めたい場合のトレーニング

太股を細く引き締めたい場合のトレーニング

それでは、まず太股を細く引き締めたいという目的を持つ場合のトレーニング方法について解説します。
太股を細く引き締める時のトレーニングとしてのポイントは以下の3つです。

  • 20回を超えるような高回数のトレーニングを行うようにする
  • 種目には太股を細くする効果のあるワイドスクワットを選ぶ
  • トレーニングだけでなくダイエットも可能であれば行う

それでは、早速これからこれらの3つのポイントについての詳細を説明してきます。

太股を細くするなら高回数のトレーニングが必要

太股を細くするトレーニングで重要となる1つ目のポイントは、高回数を行うという事になります。
なぜ高回数でトレーニングしなければ行けないのかと言うと、トレーニングでは回数によって得られる効果が変わってくるからです。

例えば、3回から5回で限界となるトレーニングをすると筋力がアップします。
また10回前後で限界となるトレーニングをすると筋肉量が増えて太股が太くなる効果があるのです。

しかし、20回を超えるような高回数のトレーニングであれば、太股全体を引き締める効果が期待出来ます。
だからこそ、太股を細くするなら、高回数のトレーニングを行うべきなのです。

太股のトレーニングはワイドスクワットが効果的

太股を細くするトレーニングの2つ目のポイントは、種目にワイドスクワットを選ぶという事です。

なぜワイドスクワットをトレーニングの種目として選ぶ理由は、鍛えられる範囲にあります。
実は、このワイドスクワットという足幅を広げたスクワットでは、太股の内側をメインに裏側なども全体的に刺激を与えることが出来るのです。

そのため、太股を細くしたい時には、このワイドスクワットが種目が最適になります。
ちなみに、このワイドスクワットでは、ヒップアップ効果も期待出来ます。

そのため、特に女性の方は、この種目を選ぶことをオススメ出来ます。

足幅が狭いスクワットは太股の膝上部分が太くなるので注意

太股を細くするために、スクワットに取り組む人が多いと言われています。
しかし、ワイドスクワットではない通常のスクワットは、あまりオススメ出来ません。

なぜなら、足幅が狭い通常のスクワットでは膝上部分に刺激が集中し、そこが太くなる可能性があるからです。
また万が一膝上部分の太くなってしまうと、それ以外の部分が太くなった時よりも太股全体が太く見えます。

こういった理由があるため、足幅の狭い通常のスクワットは、あまりオススメ出来ないのです。

太股を細くしたいならトレーニング以外にダイエットも

太股を細くするための残る3つ目のポイントが、このダイエットです。

ワイドスクワットを高回数で一生懸命したとしても、脂肪が付いていては太股は中々細くなりません。
だからこそ、トレーニング以外に脂肪を落とすためのダイエットも必要となるのです。

ダイエットでは食事制限はもちろん、脂肪を燃焼する有酸素運動なども効果があります。
ただ、効率的に太股を細くしたいのであれば、食事制限や有酸素運動は並行して行うようにする事をオススメいたします。

太股を太くしたい場合のトレーニング

太股を太くしたい場合のトレーニング

太股を太くしたい時のトレーニングのポイントは以下の3つになります。

  • 中回数で限界となる高強度のトレーニングを採用する
  • トレーニング方法は器具を使うようにする
  • 高強度のトレーニングで怪我をしないように注意する

それでは、早速これからこれらのポイントの詳細について解説していきます。

ちなみに、これらのポイントを守らない限り、太股は太くするまでに時間が掛かってしまう事もあるのです。
そのため、事前にしっかりとポイントについては、確認しておくようにしましょう。

太股を太くしたいなら中回数で高強度のトレーニング

太股を太くするトレーニングの1つ目のポイントは、中回数で限界を迎えるような高強度のトレーニングを行うという事です。

先程もお話しましたが、トレーニングでは回数や強度によって得られる効果が違います。
そして筋肉を太くする効果を得るのに最も適しているのが、この中回数で限界を迎える強度なのです。

間違えて高回数、または低回数で限界を迎えるような強度を選択すると、太くなる効果を効率的に得られないので注意してください。

トレーニング器具を使った太股の筋トレがオススメ

太股を太くするトレーニングの2つ目のポイントは、器具を使うという事です。

なぜ器具を使った方が良いのかと言うと、中回数で限界を迎える強度は器具を使わないと得られないからです。

例えば、器具を使わないでスクワットなどをしたとしても、極度の運動不足でない限り20回以上こなすことが出来てしまいます。
しかし、先程もお話した通りこういった高回数では、太股を太くする事は難しいのです。

このような理由があるからこそ、バーベルやマシンなどの器具を使ったほうが良いという事になります。

太股を太くするトレーニングでは怪我に注意

太股を太くするトレーニングの最後の3つ目のポイントは、怪我をしないように注意することです。

筋肉を太くする高強度のトレーニングは、何も使わないトレーニングよりも筋肉に負荷が掛かります。
そのため、怪我をしてしまうリスクも当然大きくなるのです。

特に普段からあまり運動をしない方は、急に高強度のトレーニングをすると怪我をしやすいと言われています。

ですので、太股を太くするトレーニングを行う時には準備を運動を十分に行い、体の様子を見ながらやるようにすると良いでしょう。

鍛えたい部位別でオススメの太股トレーニング

鍛えたい部位別でオススメの太股トレーニング

それでは、最後に鍛えたい太股の部位別でオススメ出来る以下の4つのトレーニング種目についてご紹介しましょう。

  • 前側を鍛えるレッグエクステンション
  • 裏側を鍛えるレッグカール
  • 外側を鍛えるブルガリアンスクワット
  • 内側を鍛えるワイドスクワット

またトレーニング種目のやり方だけでなく、それぞれのトレーニングで効果を最大限に引き出すためのポイントも解説していきます。
太股の前側や内側、裏側などの特定の部位を鍛えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

太股の前側のトレーニングにはエクステンション

それでは、まず初めに太股の前側鍛えるのに効果的なレッグエクステンションについて解説します。

レッグエクステンションとは、通常専用のマシンを使わなければなりません。
ですので、基本的にはこのレッグエクステンションは、ジムで行うものだと考えてください。

やり方は非常にシンプルで、マシンのパットをあなた自身の足首と膝に合わせて、そのまま膝を曲げた状態から伸ばしていくだけです。

この種目のポイントは、足首の角度にあります。
このレッグエクステンションで太股に効果的に刺激を与えるためには、足首を常に上に反らせておく事が大事だとされてているのです。

そのため、この方法で鍛える時には、しっかりと足首を上に反らせるように意識しておきましょう。

太股の裏側のトレーニングにはレッグカール

次に、太股の裏側を鍛えるのに効果的なレッグカールについて解説します。
このレッグカールは先程ご紹介したレッグエクステンションとは逆に、膝を伸ばした状態から力をいれて曲げていくやり方の種目になります。

この種目を行うと、太股の裏からお尻にかけての部分が刺激されます。
そのため、ヒップアップしたい女性にはオススメです。

ちなみに、このレッグカールのやり方のコツは、背中を反らないという事にあります。
何故かと言うと、この種目を行う最中に背中を反ってしまうと、太股の筋肉が使われなくなってしまうからです。

この種目は、疲れてくると背中を反ってしまいがちになるので、そうならないように注意しましょう。

太股の外側のトレーニングにはブルガリアンスクワット

それでは、次に太股の外側を鍛えるのにオススメのブルガリアンスクワットについて解説します。

このブルガリアンスクワットでは体の後ろ側においた椅子などに片足を乗せ、もう片方の残った足でスクワットをするような種目になります。

この種目をやる上でのポイントは、重心の位置です。
片足でスクワットを行う時に重心を足の外側の方へと持っていくと、太股の外側により刺激が入るようになる、というのが理由になります。

ただし、この種目は両足に掛かる負担を1つの足に掛ける事になり強度が高くなります。
そのため、怪我をしないように慎重に行いましょう。

太股の内側のトレーニングにはワイドスクワット

それでは、最後に太股の内側を鍛えるのに効果的なワイドスクワットについて解説します。

ワイドスクワットはその名前の通り、足幅を広くした状態でのスクワットです。
イメージとして、お相撲さんの四股の動作だと考えてください。

この種目を効果的に行うためのポイントは背中の角度にあります。

実はこのワイドスクワットは、背中を丸めた状態や極度の前傾姿勢で行うと効果が半減するのです。
そのため、効果的にワイドスクワットを行いたいのであれば、背中の角度は常に真っ直ぐにして、正面を向いた状態で行うようにしましょう。

太股のトレーニングのまとめ

太股のトレーニングのまとめ

ここまで解説してきた通り、太股を細く引き締めたり、太くしたりするのにはそれぞれ以下のような効果的な方法が存在します。

太股を細く引き締めるのは、高回数でワイドスクワットをメインに行い、可能であればダイエットも並行して行う
太股を太くするには、ジムなどで器具を使い、中回数で限界になるような強度の高いトレーニングを行う

また太股の特定の部位を鍛えるために効果的な方法もそれぞれ存在しています。

これらの方法をしっかりと実践し、継続していけば、個人差はありますが、必ず結果を得られるはずです。
ですので、これらの情報を参考に、ぜひ一度太股のトレーニングに挑戦してみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。