筋トレとディップス

今回はディップスという筋トレ種目を行うと得られる効果や実際の具体的なやり方について解説をしていきます。
この情報は特に上半身の筋肉を大きく、強く成長させたいのであれば、チェックしておくと良いでしょう。

なぜなら、ディップスという筋トレ種目は上半身の種目の中でもかなり効果の高い種目だからです。
今回は、その効果の高い種目でもディップスをさらに効果的に行うポイントなどもご紹介します。



上半身のスクワットと呼ばれる筋トレ種目がディップス

下半身の筋肉を全体的に強くする事が出来るスクワットは、キングオブエクササイズ、つまりエクササイズの王様と呼ばれています。
そして、その下半身を代表する筋トレ種目でもあるスクワットに対して、実は上半身にも代表するエクササイズが存在するのです。

それがディップスという種目になります。
このディップスは上半身を全体的に強化するのに最適な種目で、上半身のスクワットとも呼ばれているほど高い効果を期待できるのです。

今回の記事では、このディップスを行う事で得られる効果と効率的なやり方について解説します。
上半身の筋肉を大きく成長させたいのであれば、ぜひ目を通してみてください。

ディップスによる筋トレの効果とは

それではまずはじめに、ディップスという筋トレ種目を行う事で得られる効果について解説していきましょう。
ディップスで得られる効果は、以下の3つのものがあります。

  • 上半身の筋肉を全体的に鍛える事が出来る
  • ベンチ台などの筋トレ器具がない自宅などでも高い負荷で鍛えられる
  • 正しいディップスでは肩や肘の怪我のリスクを抑えられるようになります

では、早速これからそれぞれの効果について詳しく解説していきます。
これらの効果をしっかりと学んでおくとより効率的に行えるようになりますので、ここで深く学んでおいてください。

ディップスだけで上半身の筋肉を全体的に鍛えられる

ディップスの効果の中でも最大の効果とも言えるのが、上半身の筋肉を全体的に鍛えられる事です。
例えば、通常のディップスでは大胸筋、上腕三頭筋、三角筋が主に鍛えられます。

つまり、胸と肩、腕という上半身のほぼ全ての筋肉を鍛えられるという事なのです。
そして、これこそがディップスが上半身のスクワットと呼ばれている所以でもあります。

上半身の筋トレ種目は数多くありますが、これだけ多くの筋肉を鍛えられる種目は多くありません。
ですので、効率的に上半身の筋力や筋肉のサイズを向上させたいのであれば、ディップスはまさにうってつけの種目となると言えるのでしょう。

ベンチ台などの筋トレ用具なしでも自宅で高い負荷をかけられる

ディップスを筋トレ種目として行うと得られる2つ目の効果は、器具なしでも高い負荷を筋肉かけられる事にあります。
通常、大胸筋などの大きな筋肉に対して十分な負荷をかけるためにはバーベルや筋トレマシンなどの専用の器具が必須です。

しかし、ディップスでは2本の腕で支えるフォームである事から、自分の何十キロもある体重がほぼ全て負荷となって筋肉に刺激を与えられます。
ですので、筋トレ器具がない自宅などでも、十分な負荷を筋肉に掛ける事が十分に可能になるのです。

これは特にジムに通わずに筋トレをしている人にとっては大きな効果となるでしょう。

ディップスでは筋トレの怪我のリスクを下げる事が出来る

ディップスという種目の動作は先程も解説したように肩、肘周りの筋肉を鍛える事が出来ます。
さらに、肩や肘関節の結合組織も強化する事が出来るようになるのです。

つまり、ディップスという種目を筋トレでしっかりと行う事が出来れば、関節に対しての安定性が向上し、結果として筋トレによる怪我のリスクを抑える事が可能となります。
ただし、この効果はあくまでも正しいフォームや負荷でディップスを行った場合にのみ得られるものです。

間違ったフォームでディップスをしていしまうとこの効果が得られないだけでなく、反対にケガの原因につながる事もあります。
そのため、ディップスによるこの効果を得たい場合には、正しいフォームを身につけてからディップスに取り組むようにするようにしましょう。

ディップスという筋トレ種目の効果的なやり方

ディップスという筋トレ種目の効果的なやり方

それでは次に、ディップスという筋トレ種目の効果を最大限に高めるための効果的なやり方について解説をしていきましょう。
ちなみに、今回解説するディップスの効果的なやり方のポイントは以下の3つになります。

  • ネガティブ動作を重視してディップスを行う
  • 様々なバリエーションのディップスに取り組む
  • 通常のディップスが出来ない場合にはアシストを受ける

では、早速それぞれのポイントについてこれからより詳しく解説をしています。
上記でご紹介した効果をしっかりと得るためにも、ディップスを行う前にこれらのポイントについてここでちゃんと確認しておきましょう。

ディップスでは他の筋トレと同様にネガティブ動作を重視

ディップスという筋トレ種目の効果を最大限に高めるためのやり方の1つ目のポイント、それはネガティブ動作を重視して行なっていくという事になります。
ネガティブ動作とは、ディップスで言えば体を下に降ろしていく動作の事を表すのですが、この動作を意識してゆっくり行うようにするのです。

なぜネガティブ動作を重視すると効果が高まるのかと言うと、筋肉はネガティブ動作で一番大きな負荷をかける事が出来るようになる、というのが理由としてあります。
これはディップスに限らず他の種目でも共通する重要なポイントなので、筋トレの効果を高めたいなら絶対に忘れないようにしておきましょう。

筋トレでのディップスは多くのバリエーションで行うようにする

ディップスには、実は通常の動作以外にも様々なバリエーションがあるのです。
そして、その他のバリエーションのディップスも行うようにするという事こそが、ディップスの効果を高めるためのやり方のポイントになります。

様々なバリエーションのディップスを行う事で、大胸筋や上腕三頭筋などの筋肉に対して色々な角度から刺激が伝わり、効率的に鍛える事が出来るのです。
そのため、筋トレにディップスを採用する時は、筋トレごとに色々なバリエーションを試してみる用にすると良いでしょう。

筋トレ初心者でディップスが出来ないならアシストを受ける

筋トレを始めたばかりの初心者の場合には、筋力が足りずに通常のディップスが出来ない事がよくあります。
そんな時には、無理をしてディップスをやろうとするのはいけません。

なぜなら、無理をしてディップスをやろうとすると、フォームが崩れてケガをしてしまう可能性が出て来るからです。
そのため、ディップスが出来ない時には、アシストを活用するようにしましょう。

例えば、誰かに足を持ってもらったり、ディップスマシンという専用の器具を使ったりすると、負荷が軽くなり初心者でもディップスが出来るようになります。
そして、そこから徐々に負荷を増やしていき、通常のディップスが出来るようになる事を目指すと怪我のリスクを抑えて筋力を高める事が出来るようになるはずです。

筋トレでディップスを行う際の注意点

筋トレでディップスを行う際の注意点

ここまで解説してきたようにディップスを筋トレに取り入れると様々な効果を得る事が出来ます。
しかし、筋トレでディップスを行う際にはいくかの注意点もあるのです。

例えば、途中でも少し触れましたが正しいフォームで行わなければ、ケガをしてしまう可能性が立っ買うなってしまう事が代表的な注意点としてあります。
また、ベンチプレスなどの同じような種目と一緒にやり過ぎてしまうと、オーバートレーニングに陥り、これまた怪我に繋がる事があるので注意が必要です。

このようにディップスを行う際には、そのフォームやトレーニング量については考えながら、怪我をしないように取り組んでいくようにしましょう。

筋トレとディップスのまとめ

筋トレとディップスのまとめ

それでは最後に、ディップスという筋トレ種目に関する情報を簡単にまとめましょう。
まずは、ディップスを行う事で得られる効果については代表的なものが3つあります。

1つ目は、上半身の筋肉を全体的に鍛える事、2つ目は器具なしでも高い負荷が掛けられる事、そして3つ目は怪我のリスクを下げる事が出来る事です。
そして、ディップスを効果的に行うためのポイントも同じように3つありましたね。

1つ目はネガティブ動作を重視する事、2つ目は様々なバリエーションの動作を行う事、そして3つ目は力が無いうちはアシストを受けて動作をする事です。
これらの情報を参考にして、そして最後にご紹介したような注意点を抑えていれば、ディップスの効果を安全に高める事が出来ます。

ですので、これからディップスに取り組んでいこうと考えているのであれば、ぜひ今回の情報をもう一度確認し直して、効果的に鍛えていってもらいたいと思います!


おすすめ記事&スポンサードリンク