ダイエット運動の時間

脂肪を落としてスリムな体になりたい。
ダイエットのために運動を習慣化しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

これはとても素晴らしい事ですし、実際にしっかりと運動して痩せる方がリバウンドもしなくなります。
ただ、運動をするには、それに適した「時間」というものが存在する事は、実はあまり知られていません。

ダイエットにとって最適な時間帯に、最適な時間だけトレーニングをする。
これが最も効率の良い方法なのです。

最適な時間で運動する!効率的なダイエット方法

運動に最適な時間帯とは、人間の体内にある神経よって決められています。
神経はほとんどの人が同じような性質であり、あまり違いはありません。

個人差の小さい部分ですから、この部分の解説は大いに参考にして頂きたいと思います。
また、トレーニングに必要な最適・最低な時間の知識も大切ですね。

運動はやる時間が短すぎても、長過ぎてもいけません。
短すぎれば負荷が弱すぎて消費カロリーが稼げませんし、筋肉も発達しないのです。

一方でやり過ぎてしまうと、怪我をしたり酷い筋肉痛になったりしてしまいます。
運動の種類によって適した時間は違いますから、そういった点もきちんと勉強していきましょう。

時間とやり方で効果が違う!ダイエット運動

時間とやり方で効果が違う!ダイエット運動

運動やトレーニングは、その内容と時間、そして求める結果が全て関連し合っています。
どの部位をトレーニングするのか、筋肥大が目的なのか、それともダイエット最優先なのか。

それぞれ全く違うアプローチが求められるのです。
今回は特にダイエットに的を絞って解説していきます。

原理原則を学んでおけば、色々な方向に応用が効くようになります。
また、時間的な制限も人によってはあるでしょうから、短時間で運動を終えるための方法も知っておいた方が良いでしょう。

時間がない人のダイエット運動は筋トレ優先

ダイエットのために必要な事と言えばやはり運動です。
食事制限だけでも体重を減らす事は出来ます。

しかし、筋肉も同時に減少してしまうため、スタイルが悪くなってしまう可能性もあります。
また、代謝も落ち、結果的に痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。

ですから、ダイエットには必ず運動を取り入れなくてはいけません。
ただ、どうしても運動をする時間がなかなか取れない、という人は筋トレを頑張ってみましょう。

有酸素運動と比べ、筋トレであれば、10分~15分程度で十分な運動量を稼ぐ事が出来ます。
大腿部や背筋、大胸筋といった大きな筋肉を動かすトレーニングを中心に実施する事によって、効率的に消費カロリーを稼げるのです。

簡単な筋トレであれば、自宅でもすぐに始められますから、非常にオススメですね。

筋トレとランニングダイエットに効果的な運動時間は?

筋トレの場合は前述した通り、15分も実施すれば相当な運動量です。
例えば、脚部を鍛えるためのスクワットですが、これは自重のみで行ったとしても連続で5分も持たない人がほとんどでしょう。

そのため、腕立て伏せや腹筋運動、バックエクステンションなど、色々な部位を鍛える種目を行ったとしても、短い時間で十分となります。

一方、ランニングなどの有酸素運動の場合は、30分~1時間程がひとつの目安です。
じっくりと緩やかな負荷を体に掛け続ける有酸素運動は、それなりに長い時間続ける事が、効果を得るための正しい方法となります。

短時間なら筋トレ、長時間なら有酸素運動。
こう覚えておきましょう。

ダイエットのための運動に効果的な時間帯とは?

ダイエットのための運動に効果的な時間帯

全く同じ内容の運動をしても、そのダイエット効果には時間帯によって、大きな違いがある事をご存知でしょうか。
人間の体は朝起きてから、夜寝るまでの間、ずっと同じコンディションというわけではないのです。

脂肪燃焼効率の良い、運動に向いた時間帯もありますし、逆に体を動かしにくい、ダイエットに向かない時間帯もあります。
その違いを正確に知っておく事で、ダイエットのための運動を効果的に実施出来るのです。

どうせ疲れるなら、しっかりと体脂肪を落としましょう。
運動するのに適した時間帯について解説していきます。

時間帯が大切!朝と夜じゃ効果が違う?ダイエット用の運動

さて、運動するのに効率の良いダイエット向きの時間帯とは、ズバリ「朝」になります。
もしくは「午前中」ですね。

人間の体には活発な活動を司る交感神経と、その逆に穏やかに体を休息させるのに適した副交感神経があります。
夜になり、徐々に副交感神経が優勢になるにつれて、人間は活動レベルを自然と落とし、睡眠へと体が向かうように出来ているのです。

ですから、ダイエット用に筋トレや有酸素運動を行うのであれば、交感神経の方が活発な朝や午前中が最も適しているわけですね。
ただ、朝イチは体がまだほぐれていないため、急に激しい運動をすると怪我をしてしまう恐れがあります。

運動は起きてから、最低でも1時間以上経過し、意識もハッキリして少し準備運動をしてから行うようにしましょう。

短時間でOK!痩せた体を維持するダイエット用運動の応用

体脂肪を落とすのは、なかなか難しい作業ですよね。
ただ、一度スリムになった体を維持するのは意外と簡単なんです。

ダイエットに成功しても、リバウンドしてしまったという経験をお持ちの方も多いかもしれませんね。
しかし、これは食事管理だけで体型を維持しようとしてしまった事が大きな原因と言えます。

ある程度のレベルで運動を続け、消費カロリー増と筋力のキープが成されていれば、そうそう脂肪は増えないのです。

体型を維持するための運動は短時間でOKです。
筋トレであれば1日10分程度。
有酸素運動でも、30分を週に3回も行えば良いでしょう。

もちろん、暴飲暴食はいけませんが、一旦痩せてしまえば、後は油断しない限り体型は維持出来るのです。

ダイエットのための運動時間まとめ

ダイエットのための運動時間まとめ

ダイエットに最適な運動の時間帯は、朝から午前中にかけてという事が分かりました。
これは交感神経が優位となっているため代謝も高く、体を活発に動かしやすいからです。

また、短時間で運動を終わらせなければならない人は、筋トレが向いています。
また、長い時間かけてじっくり脂肪を燃焼させたい人は、30分以上の有酸素運動が適しています。

ちなみに、この二つを両方とも実施しようとする場合は、先に筋トレを行いその後から有酸素運動を行いましょう。
これは、先に有酸素運動で体が疲れてしまうと、強い筋力を発揮出来ず、筋トレのクオリティが悪化してしまうからです。

これはもったいない事ですからね。
ダイット用の運動を成功させるために、一番肝心なことは「早寝早起きの習慣」と言えるかもしれません。

当サイトでは、管理人が実際に利用した筋肉サプリを紹介しています。
筋トレの際には、ぜひ活用してみてください。


【筋トレ・筋肉サプリのオススメ3選】

当サイトでオススメしている筋肉・筋トレのサプリです。 成分などを総合して安全に飲むことが出来る商品を厳選しています。
  1. メタルマッスルHMB

    メタルマッスルHMBのランキングメタルマッスルHMB

    HMB含有量1,600mgと業界トップクラスの日本製の筋肉サプリです。芸能人のGACTも愛用しており、メディアにも多数掲載されています。1日6粒の服用なので面倒な事もないのが特徴となっています。初回500円、30日間全額返金保証も付いているのも選ばれる理由です。

  2. ビルドマッスルHMB

    ビルドマッスルHMBのランキングビルドマッスルHMB

    筋肉成分であるHMBを1,500mg、BCAAを配合している筋肉サプリメントです。また、HMBの他にもビルドアップをサポートする成分を多く配合しています。初回500円、90日間返金保証も付いているため、安心して飲む事が出来ます。また、1日4粒で簡単に飲む事が可能です。

  3. HMBアルティメイト

    HMBアルティメイトのランキングHMBアルティメイト

    HMB1,500mg配合、必須アミノ酸BCAA、グルタミンが配合されています。レイザーラモンHGも愛用しているサプリで、初回限定で500円で購入する事が出来ます。また、2回目以降のお届けの際には、送料も無料となっています。120日間の全額返金保証も付いていますので、安心と言えます。